にこたま

渡辺ペコの漫画、「にこたま」全5巻読了。

d0137231_23284687.jpg


29歳の主人公。交際9年・同棲5年の、キラキラした時間を通過後の男女の話。

誠実で優しく、だからこそ女を傷つけてしまう男。男に愛情を感じつつも、男の存在を一定以上は求めない女。男との子を宿す、もう一人の女。

仕事との付き合い方、経済力で折り合いを付ける人生の選択、結婚、子供、家族。物語を構成する全ての要素に共感する。全5巻という読み易いボリュームで、全く過不足のない完結を迎える名作。

登場する二人の女は、精神的にも経済的にも男に依存しない。男は都合の良い女性を求めがちだが、彼女達も都合の良い男を求めてる。選ばれる男になるために目指すべきは、料理上手か床上手か。
[PR]
# by seijiseiji8 | 2013-05-07 00:13 | エンタメ

TENGAのある生活

東京レインボープライドにTENGAが出展していて、無料の福引きをやっていた。

d0137231_230443.jpg

当たりはこれ、TENGA EGG。買うと1個500円。

上質を知ると戻れなくなるので、あえて触れずに生きてきましたが、向こうからやってくるなら受け入れるのもまた運命。

早速体験した感想。肉体的刺激だけなら女性器超えてるかも。

先日発売されて人気を博しているirohaも展示されていて、お触り自由。玉のような肌とはこの事か。

TENGAの商品はみなスタイリッシュ。お洒落とエロは両立するのね〜。
[PR]
# by seijiseiji8 | 2013-04-30 02:42 | エンタメ

叙々苑キッチンの焼肉弁当

我が家の近所に叙々苑キッチンという叙々苑のお弁当屋さんがある。デリバリーもあり。

焼肉屋の方にはまだ行った事が無いので、叙々苑初体験。

d0137231_261430.jpg

こちらサービスカルビ弁当1,700円。テイクアウトだと100円引き。

d0137231_26734.jpg

この写真ではやや無骨な印象ですが、僕の心は踊っているのです。

お肉はもちろん、地味なおかず達が非常に美味。キムチが辛くなくただ旨い。

テレビでおなじみのスタッフ弁当は1,000円。10個以上から注文可能との事。

何でも大丸東京店には10,000円の弁当もあるのだとか。
よっぽど浮かれた気分じゃなきゃ買えないぜ!
[PR]
# by seijiseiji8 | 2013-04-30 02:22 | 雑記

スタミナ苑でスタミナをもぎ取られた話

日本版ザガット・サーベイで、オールジャンル全レストランの中で1位になったという触れ込みで有名な焼肉屋、スタミナ苑。

近くに駅は無く、赤羽か王子からタクシーかバスで10〜15分、そこから徒歩5分と、アクセスはよろしくない。更には予約不可で行列に並びながら入店を待つ必要があるなど、行くまでのハードルがなかなか高い店。

いつか行きたいなと思いつつ機会がなかったのだけど、ネイチャージモンという漫画を読んで気持ちが高まり初訪問。ダチョウ倶楽部の寺門ジモンことネイチャージモンが、独自のうんちくを披露しながら昆虫採集をしたり食事をするその漫画で、スタミナ苑が熱く崇高に描かれていたのです。

友人と2人で土曜の19時に到着。待つ事1時間で入店。満席の店内。絶頂まで高められた期待感。
カルビ、ハラミ、ロースを全て特上でオーダー。

ドリンクを運んで来たのは高校生ぐらいの男の子。なぜか1人分の飲み物を運んで来る。
なぜ2人分一緒に持って来ない!?そしてちょっとこぼす。まあいい、高校生だし笑って許せる。
まだまだ期待感は維持されている。

続いて待ちに待ったお肉達。本当に待った。注文してから相当な時間来なかった。
特上だからか、みんなやたら霜降り。奇麗。素晴らしい。

焼き、そして口に入れる。うん、普通。期待感と高揚感はすっと消えてなくなった。

自分で特上を頼んでおいてなんだけど、脂身が多くてクドい。きっと並や上を頼めば多少感想は変わったのだろう。

焼酎のお湯割りをオーダー。これもまた相当出て来ない。しばらく待つとロンゲのお兄ちゃん登場。だらけた姿勢で、「頼んでもらった焼酎、お湯割り美味しくないんですよー。お湯割りならこれの方がいいすよー。」

こんな態度の悪いやからと絡みたくなった僕は即、「それでお願いします」と回答。

それで終わったつもりがロンゲ、「俺、焼酎のソムリエやってて、すげえ詳しいんっすよー。うち40種類ぐらい揃えてて〜、・・・(その後なんかうんちく)」

いらない!お前の自己アピール全く求めてないって!俺がそれでお願いしますって言ってたの聞いてたよね!?

別の店員もまた酷い。お隣のテーブルの片付けをしていた時に、僕のテーブルの方にゴミを落とした事に気付いておきながら、テーブルの上の整理を優先しやがる始末。

こんな店早く出たいと一切追加オーダーせず。それでもお会計がそこそこのお値段いってたりして。

お店を出ても鬱屈とした気持ちを処理しきれず、少し帰り道を走った。もう二度と歩まぬ道を。

お肉の味は美味しい方だと思うのだけど、驚くほどでもなく値段相応。味を悪くさせる酷い接客。
焼肉食べて初めて、心底不快になった。

唯一良いところは、お店の向かいが野良猫のたまり場になっていて、入店待ちの祭に猫を拝めるところかな。猫はいいよねー。いいよね猫は。本当にいいよな〜、猫。好き。犬もいいけどね、猫だね。

d0137231_3121937.jpg

[PR]
# by seijiseiji8 | 2013-04-16 03:13 | 雑記

ロボットレストラン。歌舞伎町のあれ。

世界の中心で愛を叫ぶ。そう、ここは新宿歌舞伎町。

「助けて下さい!助けて下さい!セックスがしたいんです!」

聞こえますか、聞こえますか、人間の叫びが。
更年期満期の閉経熟女が、素晴らしいラブローションに出会ったような、枯れ井戸に蘇る命の息吹。
男は女と出会い、そして二人は解け合うの。

d0137231_9185021.jpg
昨年歌舞伎町に突如現れたロボットレストラン。バタ臭い巨大なマネキン顔を積んだトレーラーが、新宿の繁華街を連日連夜巡回する光景は誰もが一度は目にしただろう。どうだこの店構え。女戦って何なのさ。

d0137231_9134858.jpg
エントランスはさながら秘宝館。下品かつ華やかな空間に鎮座するアマゾネス。

d0137231_921159.jpg
ショーと仕出し弁当で4000円也。美味しくはないが、不味くもないよ。
ちなみに店員はパッと見ヤクザだよ。

d0137231_9194894.jpg
会場は地下。階段を何段下ったか。謎の装飾がとまどいをドキドキに変えていく。

d0137231_9282511.jpg
金ぴかのトイレは、ブラシなどの備品にまで気を遣ってる感じが素敵。

d0137231_911238.jpg
会場やっほー。また女戦の文字。

d0137231_920526.jpg
何気に表情のバリエーションがある彼女達。

d0137231_9211510.jpg
きたー!

d0137231_9212380.jpg
うほほい!

d0137231_9212617.jpg
ほほ〜!

d0137231_9214099.jpg
グリーのCMよりお金かけてそう。

d0137231_9225100.jpg
たまらない。ぷりぷり。

d0137231_930574.jpg
何か出たー!

d0137231_932557.jpg
忘れた頃にロボット来たー!

d0137231_9354479.jpg
いいですね。

d0137231_934114.jpg
お客さんもロボット乗れます。彼は僕からロボットに乗る権利を奪った憎いアンチクショウです。

d0137231_9364531.jpg
天井にお姉さんが!

d0137231_9363023.jpg
大回転!

d0137231_937491.jpg
そしてこの後ハイタッチ!

d0137231_9375349.jpg
フィナーレ。最初っから最後まで興奮しっぱなし。心の中で常にスタンディングオベーション。

ここ5年ほど禁欲的な生活をしていたのだけど、人として生きる喜びに気付かされました。性の喜びは生きる喜び。ロボットレストランをすがすがしい顔で出た後は、男性向けのお店をハシゴする。

d0137231_9381749.jpg
すっきりした後は上海小吃で遅めのディナーを。歌舞伎町の裏の裏の立地ながらほぼ満席。
うさぎ肉と豚の脳みそをいただきました。


夜遊びは楽しい。女性は美しい。生を性で満たせば天国。
[PR]
# by seijiseiji8 | 2013-03-19 09:50 | エンタメ