<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

VOGUE NIPPON Women of the Year 2009を本谷有希子が受賞。

モード誌VOGUE NIPPONの10周年のパーティーでWomen of the Year 2009とWomen of the Decadeが発表された。
d0137231_8233897.jpg

Women of the Year 2009の受賞者は女優の上戸彩、蒼井優、仲間由紀恵、劇作家の本谷有希子。Women of the Decadeには前衛芸術家の草間彌生、女優の大竹しのぶ、宮沢りえ、モデルの冨永愛、プロテニスプレーヤーの杉山愛、前衛芸術家のオノ・ヨーコらが受賞した。

この中では上戸彩が浮いているような感じもするけれど、過去にはスザンヌやエド・はるみも受賞しているような賞なので、特別上戸彩が浮いているわけでもない。

受賞経験のある人は選ばれないようなのでこの人選は納得なのだけど、本谷有希子が受賞したのには驚いた。

彼女は「劇団、本谷有希子」の主宰であり、劇作家兼演出家であり、小説家でもある。今年ついに岸田國士戯曲賞を取ったことが大きいのだろうけど、全国的な知名度はそう高くはない、と思っていた。

僕は彼女の作品がとても好き。彼女目的ではなかったけど、声優をやっていたアニメ、彼氏彼女の事情も見ている。近年活動の幅がぐんぐん広がっていたとは言え、好きな人がメジャーになってしまうのは寂しいわあ。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-10-28 08:35 | 雑記

遺影

d0137231_7374210.jpg

先日母方の祖父が亡くなり、葬儀に参加してきた@石川県。

葬儀の最中考えていたことは、祖父との思い出よりも自分の葬儀について。

東京では、仏式な葬儀ではなく、身内だけの簡易な式を行うケースが増えているらしい。無宗教な方が生前に専門業者に依頼をしておくのだとか。葬儀は本人の為というよりも、残された親戚縁者や属する地域のコミュニティの為の、お付き合いの一環のようなものなので、善くも悪くも付き合いの密な地方では東京で増えているようなやり方は難しい。

僕も宗教に対しては特に信仰がないので、どうせ式典をするなら僕が信仰しているアニメや漫画、コンテンポラリーアート、ファッションなどの要素を加えた楽しいものがしたい。僕の生涯をアニメや漫画で描いてみたり、式の演出を維新派の松本雄吉や勅使河原三郎に頼んでみたり、ワードローブのファッションショーなんかしてみてもいいかも。生前葬でもしようかしら。

死ぬ前にしておきたいことはたくさんある。

エロ関係のものの処分はもちろん、遺影の準備もその一つ。

祖父の遺影はとても素晴らしかった。3年ほど前に姉と、一昨年亡くなった祖母とのスリーショットで撮った写真から祖父を切り出し、更に着物を着ているように画像を加工して遺影らしく仕上げられていた。

僕は自分の写真を撮る事が嫌いなので、正面から自分を撮った写真はここ数年ない。就職活動の時に撮ってはいるけど、ネガもデータも持ってはいない。今死んだら高校の卒業アルバムが使われてしまうかもしれないが、それはちょっと嫌だ。

僕が死ぬのは50年後かもしれないし今日かもしれない。意識のはっきりしている内に、遺影の写真を選んでおこう。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-10-28 08:14 | 雑記

子供と大人

元2ちゃんねる管理人のひろゆきのブログ、ひろゆき@オープンSNSの「大人の役割」というエントリーに凄く共感した。とある掲示板の、とあるスレッドの一つのレスを取り上げて、彼はコメントをしている。


124 マロン名無しさん :2009/01/28(水) 00:03:17 ID:???
やれやれだぜ
何が嫌いかじゃなく、何が好きかで語れるのが大人だぜ


文句ばっかり言ってるのは子供の限界で、
文句を言われてても何かを組み立てるのが
大人の役割だとすると、
人の足を引っ張るだけで、
自分が何かをした気になってる大人が増えてる気がする今日このごろです。



ブログのエントリーは2009年1月30日。時期的に、麻生政権を批判する民主党やマスメディアに対しての思いかもしれない。

どんな子供も歳をとれば大人と呼ばれるようになる。今の法律であれば20歳を迎えると大人になる。

ただ、その精神性には個体差がある。少女のような老婆も、老婆のような少女もいるだろう。どんな時でも自分の主張を通そうとする大人もいれば、常に謙虚な態度をとる子供もいるだろう。

子供でも大人でも構わない。願わくば、人として魅力的でありたい。

誰かと何かを共有するのなら、嫌いなものより好きなものを共有したいものよね。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-10-07 14:29 | 雑記

マルタン・マルジェラがデザイナーを辞任。

10/2に2010年の春夏コレクションが発表されたばかりのマルタン・マルジェラだけど、デザイナーのマルタン・マルジェラが辞任していたらしい。

さっきニテンイチリュウを見てびっくりしちゃった。ソースはUKのヴォーグみたい。

後追いでいくつかのファッション系ブログでも取り上げられていて、日本のヴォーグでも取り上げられていた。


以下、日本のヴォーグより引用。

デザイナーのマルタン・マルジェラが、自身の名を冠したブランド「メゾンマルタンマルジェラ」を辞任するとの噂が流れていたが、ディーゼル創始者であり、同ブランドを傘下に置く持ち株会社を率いるレンツォ・ロッソが、ついにこの事実を肯定した。マルタンは、直接ブランドのデザインに関係していないという。

ロッソ氏は、WGSNに対し「マルタンは長い間、ブランドにかかわっていない」とした上で、「ブランドには、新しい、フレッシュなデザインチームを擁している」とコメントした。


メンズコレクションに関しては個人的にはあまり好きではないブランドだけど、好きな人の多いブランドだけに、大きなニュース。

ムーブメントでも言及があるけど、シグネチャーブランドからシグネチャーたるデザイナー当人が辞めてしまうのは白けてしまうものがある。ヘルムート・ラングを愛していた僕も、コロボス夫妻にデザイナーが変わってからは全く興味が無くなってしまったし。ラングの場合は資本や生産地の変遷も大きいけど。

シャネルやグッチだって、始まりはシグネチャーブランドの一つでしかなかった。それがいつの間にか数多の人の憧れになっている。

でも、そんな大きなブランドだって一人のデザイナーが与える影響って大きい。トム・フォードのグッチ退任やエディ・スリマンのディオールオム退任が与えた影響は計り知れない。

もういつ死んでもおかしくはないのだけど、カール・ラガーフェルドが死んじゃったらシャネルはどうするんだろう。後を継いでもブランド価値を落とさない人というのはかなり限られちゃうわね。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-10-05 23:59 | ファッション

LEO今井

LEO今井は好きですか?僕は大好きです。

LEO Imai - Tokyo Lights 2


"TAXI" - LEO今井


「Time Traffic」 LEO IMAI and Rie fu



LEO今井 (LEO IMAI)
7月24日生まれ。
日本人の父親とスウェーデン人の母親との間に、東京都で生まれる。
小学校・中学校はイギリス・ロンドンで過ごす。
高校から再び日本に戻り、国際学校セント・メリーズに通う。
その後、ロンドン大学、オックスフォード大学大学院に進学。
現在はオックスフォード大学院に、文学の博士号取得のため在籍中。
2006年7月、アーティスト活動の本格始動のため、日本に移住。
2006年9月にデビュー・アルバム「City Folk」、
2007年5月「City Folk 0.5」をリリース。
2007年11月、シングル「Blue Technique」でEMIミュージック・ジャパン
からメジャー・デビュー。
2008年1月、ZAZEN BOYSの向井秀徳&吉田一郎を迎えた2ndシングル「Metro」、
2008年2月、James Ihaや鈴木賢司なども参加ゲストに迎えた
メジャー・デビュー・アルバム「Fix Neon」、
2008年7月9日、3rdシングル「Taxi」を発表。
2009年4月、セカンド・アルバム「Laser Rain」をリリース。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-10-04 20:49 | 音楽

+J(プラスジェイ)は買い。

本日10/2発売になった、ユニクロの+Jをさっそく見て来た。結論として、これは買い。
d0137231_1522258.jpg

fashionsnap.comで前日から行列レビューをチェック。フルラインナップが揃っているとは言え、行列の出来ている銀座店、新宿西口店はパス。我が家から5分の新宿三丁目店へ行くことにした。

オンラインショップは店舗の開店よりも早い午前9時から販売を開始していたけど、僅かな時間で続々と品切れになっていて、注目度の高さが伺える。

新宿三丁目店の開店時間は11時。5分前に着くと大学生と思われる男の子が2人いるだけだった。

スリムフィットストレッチブロードシャツを色違いで2着購入。出来るだけ多くの人にお買い求め頂きたいという理由で、1種類につき1人1着しか買えないのだけど、分けて買えば問題はないみたい。

素材感は上質で縫製も問題なく、それでいて1着たったの¥3,990。ストレッチも程よく効いていて、とても着心地が良い。

現物を見るまでは正直馬鹿にしていたの。ジル・サンダーがデザイナーだった頃のジル・サンダー(今のデザイナーはラフ・シモンズ)はとても素晴らしいブランドだったけれど、彼女のシンプルなデザインは上質な素材あってこそのものなので、それがユニクロで再現できるはずもないと思っていた。でも、実際に手を触れてみると、全然悪くないのよね。ファッションにおいてこんな言葉を遣うのはあまり好みではないのだけど、とてつもないコストパフォーマンスの高さなの。

レディースだとタキシードベストがかなり可愛い。1回限りの企画ではなくて、今後も継続して展開していくようなので、次の春夏のコレクションも楽しみ。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-10-02 15:31 | ファッション

完璧なファッション(100%僕好みのファッション)

長年ファッションスナップ見て来てるけど、こんなに100%僕好みの完璧なファッションは初めて。

d0137231_0425785.jpg

無駄が一切無い。あえて言うなら、ご飯を食べる時に付けるのであろう左手のゴムが邪魔なぐらい。ディオールの似合うディオール好きなんて初めて見た。全体のトーンを統一させて差し色もばっちり。素敵過ぎる。靴のつま先が全く擦り減っていないところもポイント。

面白みのないブランドセレクトではあるけれど、目指すべき一つのゴールだわ。毎日同じようなかっこしてたら退屈だけど。

画像はdropより。興奮して転載。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-10-02 00:55 | ファッション

腕時計が欲しい。

僕はアクセサリーはあまり好きじゃなくてたまにしか身に付けないのだけど、腕時計のような実用性を兼ねた小物は好き。それなりに数は持っているのだけど、ビジネスユースな物はあんまり持ってないので新たに購入を考えている。

オメガやらロレックス、その他高級時計メーカーのものには惹かれるものが無い。なんだか凄いのは分かるのだけど、ファッション性は感じないのよね。パネライはなかなか可愛いと思うけれど。

トゥールビヨンを使用しているような1千万を超える腕時計を買うのは、お洒落でなくてもはや資産運用じゃないかしら。

d0137231_23222270.jpg

僕の持ってる時計の一部。左二本はアレキサンダー・マックイーンで、右はヤコブ・イェンセン。

マックイーンのは確か日本独自企画のもので、シチズン製。バングルタイプでとても可愛いのだけど、電池の交換に1万2千円もかかるのが玉に瑕。もう2本×2回換えてる。ヤコブ・イェンセンのは作りがちゃちいわりにけっこうなお値段なところがポイント。すぐに壊れそうで使うのをためらう。


デザインとかブランドイメージも悪くなくて、ビジネスにも使えそうなので購入を考えているのがTRAPEZOID。お値段もお手頃な税込45,150円。
d0137231_23394568.jpg

ISSEY MIYAKEのもので、デザインは深澤直人。

他にもこの時計が気になる。
d0137231_043526.jpg

Dior Christal Tourbillon Rubies and Diamonds|ディオール クリスタル トゥールビヨン 42MM ルビー&ダイヤモンド/手巻き、WGケース&ブレスレット×ダイヤモンド×ルビー×サファイアクリスタル×ミネラルガラス、世界限定1本、1億815万円。

100億円持っててもきっと買わない。


どこかに素敵な腕時計はないかしら〜。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-10-02 00:12 | ファッション