<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

夜の遊園地肝試しツアー@富士急ハイランド

d0137231_7563261.jpg


画像はこちらから。

富士急ハイランドの夏の期間限定イベント、肝試しツアーに参加して来た。

14時半頃に会社を早上がりしてきた友人と新宿で合流。バスではなく、電車で片道2時間半の小旅行。おやつはワインとチーズ。

夏休み期間は閉園が19時。肝試しの開始は19時半。まだ時間があったので新作アトラクション、鉄骨番長に乗る。



僕はジェットコースターとか死の危険性があるものは乗りたくないのだけど、友人のお付き合いで仕方なく。CMは好き。高いところ好きな人はきっと楽しいのだろう、空中ブランコ。富士山がキレイに見えた。

富士急タイランドと銘打ったタイ料理の露店でお腹を見たし、いざ肝試し。

富士急ハイランドの広大な敷地を巡るツアー。所要時間は1時間ほど。突然現れるビックリはたびたびあったものの、精神的に来るものはなかったのがちょっと消化不良。とにかく歩き回るし、お化けが追っかけて来るのでこっちも走らされたりで、足が痛くなったほど。

終電で帰路へ。「SWEET LOVE SHOWER 2009」なるイベントに参加して来たという子と同席する。最近は本当にたくさん野外フェスがあるものねー。

夏が終わる。やり残したことはスイカを食べることぐらいかしら。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-08-29 08:33

選挙ポスターとQRコード

僕の選挙区、東京1区は豪華。

d0137231_755077.jpg


自民、民主は大物だし、世界経済共同体党の又吉イエス、幸福実現党は広報本部長の田中じゅんこに、スマイル党のマック赤坂。共産党員に、数人の無所属候補者。

又吉イエスは都内に住んでいる人ならおなじみ、沖縄から来たキチガイ老人。「腹を切って死ぬべきだ」のセリフで有名。でも主張を見ると割とまともで、共産主義的な考え方をしている。学習塾を経営しているらしいのだけど、こんな人が経営しているのに通う人がいるのだから、質は高い塾なのだろう。本人に実際に会った人いわく、とても気の良い人らしい。でも、自分を唯一神だなんて言ってるんだから、やっぱりキチガイだと思う。

田中じゅんこは元フリーアナウンサーらしい。確かに奇麗な人。全国の候補者はあらかた見たけど、奇麗な女性はだいたい幸福実現党。宗教は偉大だね。ちなみにドクター中松は幸福の科学には入ってないらしいけど、幸福実現党から出馬する。

マック赤坂は京都大学出の、伊藤忠商事出身。人間、長く生きていればどう転ぶか分からないね。又吉イエスやドクター中松もそうだけど、やたら色んな選挙に出てて、全て落選。

無所属の人もなかなか面白い。黒澤たけくにはとにかくエコを売りにしていて、選挙カーやビラとかは使わないで、FeliCaなどを使って、町行く人の携帯端末に個人サイトにアクセスしてもらってるらしい。

のざわてつおは謎。野村証券出身らしいんだけど、もの凄い美女軍団にビラを配らせてる。ビラはもらうかもしれないけど、受ける印象としてはどうなんだろうか。


ポスターを眺めていて気づいたのだけど、たいていの人はQRコードを付けていて、携帯端末からサイトにアクセス出来るようにしている。

d0137231_761145.jpg


今回の選挙はネットのプロモーションがとても盛ん。モバイルではよく幸福実現党の広告を見かけるし、youtubeでは自民党、mixiでは総務省が投票日の告知をしていたりする。

中でも自民党は凄い。ここの民主党に対するネガティブキャンペーンは尋常じゃない。映像はメッセージがとても明快でクオリティーが高い。必見。

【自民党ネットCM】ラーメン篇


【自民党ネットCM】ブレる男たち


【自民党ネットCM】プロポーズ篇



今回の選挙のネットプロモーションについてはここが詳しい。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-08-28 07:48

フジログ

フジログってネットアニメがめちゃくちゃ面白い。ここのサイトでたくさん見れる。ヤバいよヤバいよー。じわじわ来る。

以下は作者がyoutubeにアップしている上記サイトのものの一部。

Fuji-Log #07 できちゃった結婚相談所


Fuji-Log #13 電車ジャック


Fuji-Log #23 つば風船

[PR]
by seijiseiji8 | 2009-08-27 01:17 | エンタメ

ディフュージョンライン(セカンドライン)

ディフュージョンラインとはセカンドラインとも言われ、一般的にメインのラインに比べ、低価格な商品展開をしているブランドのこと。メインのラインとはターゲットとコンセプトを変えているものもあれば、定番の型を中心に配しているものもある。

思いついたものを羅列。ファーストライン→ディフュージョンライン。

ドルチェアンドガッバーナ→D&G
ラフシモンズ→ラフバイラフシモンズ
アレキサンダーマックイーン→マックキュー
ジョルジオアルマーニ→エンポリオアルマーニ→アルマーニエクスチェンジ
クロエ→シーバイクロエ
バーバリー→バーバリーブラックレーベル
ニールバレット→ブラックバレット
コムデギャルソン→プレイコムデギャルソン→ブラックコムデギャルソン
アレキサンダーワン→ティーバイアレキサンダーワン
マークジェイコブス→マークバイマークジェイコブス
ヴェルサーチ→ヴェルサス
ロレックス→チュードル

有名ブランドだとこんなものかなー。バーバリーブラックレーベルは大嫌いだけど、メインのバーバリープローサムは大好き。

ディフュージョンラインは庶民のささやかな楽しみ。でも服オタにとっては身につけるのはちょっと恥ずかしい存在かも。

d0137231_162457.jpg

[PR]
by seijiseiji8 | 2009-08-27 01:08 | ファッション

恋と政治

「恋は熱病のようなものである。それは意思とは関係なく生まれ、そして滅びる。」

これはフランスの小説家、スタンダールの言葉です。気づかぬ内にかかってしまい、いずれ治ってしまう病気に、恋を例えています。

発端は衝動的であり、終焉を迎える。恋愛なんてそんなものだと僕も思います。ちなみに恋と恋愛は同義です。少なくとも男性にとってはセックスの欲求がまずあって、そこに文化的な彩りを加えたものが恋愛活動ではないでしょうか。結婚は子育てや生活の側面が含まれるので、恋愛とは別物だと思っています。

「やりたいだけでしょ?」なんて女性からの言葉には、口ではどう繕おうとも、全面的に肯定です。


マスメディアによる自民党批判も、ネットメディアによる民主党批判も、似たようなものではないかと思っています。どちらの意見も、恋も、みな衝動的で、瞬間的な発作のようなもので、継続性がない。正確に言えば、メディア自体ではなく、メディアに影響される大衆が、盲目的な恋をしているような状態になっている。

政治や選挙に何を求めるかは個人の自由ではありますが、衝動的な意思決定はすべきではないと思います。内容をよく吟味し、個々の思想や立場と照らし合わせる必要があるでしょう。今回の選挙の自民党のキャッチコピーにこうあります、「日本を考える夏にしてください。」見る、知る、で止まらずに、考えることが不可欠ではないでしょうか。

自分の頭で考えた上での意見なら、大いに尊重されるべきだと思います。でも、そうでない、ただメディアの情報を鵜呑みにしてしまっているのならば。中身のない相手とは一度セックスしてしまえばそれで終わりですが、選挙で選ばれた相手とは4年もお付き合いしなければいけないのですから。政治は恋のようであってはならないのです。


僕はテレビをあんまり見ないし、ラジオではその手の話題が少ないので、政治的な話題に接するのはネットメディアぐらいなのですが、そのせいもあってどうしても民主党は支持出来ませんでした。

でも、先日この記事を読んで、民主党政権もありかもしれないと思うようになりました。リンク先は「ネトウヨが民主党支持の親子に話をきいてきた」というタイトルのブログエントリーなんですが、極めて冷静で理知的な民主党支持者の意見が聞けます。

ちなみに民主党の支持母体の一つである日教組の政策提言の中に、メディアリテラシー教育があったりします。マスメディアの自民党批判なんて鵜呑みにしちゃいけませんものね、なーんて。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-08-26 07:17 | 雑記

小谷美紗子

昨日カラオケに行って小谷美紗子を歌ってみたのだけど、上手く歌えなかった。小谷美紗子の歌を上手に歌う人が、それよりもまずカラオケであえて小谷美紗子を選ぶ人がいたなら、その人に確実に惚れてしまうだろう。


火の川


嘆きの雪


Who

[PR]
by seijiseiji8 | 2009-08-25 15:14 | 音楽

ICEBAR TOKYO

先日、銀座のICEBAR TOKYOに行って来た。

以前は西麻布にお店があって、今年の6月に銀座の、というか新橋のリクルートG8ビルのすぐそばにオープンした。西麻布にあった時にも行こうとしたことがあるのだけれど、お休みの日だったのか入れなかったので初訪問。

d0137231_1449232.jpg

店内はマイナス5度に保たれていて、エントランスでコートと手袋をもらって中に入る。内装はもちろん、グラスも氷製。ドリンクはウォッカベースのカクテルが提供される。入場料は1ドリンク付きで3500円。追加ドリンクは1杯1000円。ちょっと濃いめのカクテルが、寒さのせいでグイグイ飲めてしまう。

店内は狭いので、2、3人で行くのが良いと思う。1回行けば次また行くようなタイプのお店ではないけど、寒いってだけで何だか楽しい。

女性と一緒に行って、寒さを口実にくっついてイチャイチャするのが正しい遊び方かしら。それをしなかったのをちょっと後悔。女体盛りごっこはしてみたのだけど。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-08-25 15:01 | エンタメ

電脳コイル

暇さえあればアニメを見ている。最近見た電脳コイルが尋常無く面白かった。
d0137231_1461353.jpg

2007年にNHK教育で放映されていたもので、当時から評判が高かったのは知っていたのだけど、絵が好みでなくて避けていた。でも、一度見始めたら止まらない面白さ。

以下、wikipediaより引用。

「電脳」と呼ばれる技術が一般に普及している近未来、電脳世界の情報は「電脳メガネ」によって現実世界に重ねて表示され操作できるようになっている。「電脳」は日常生活に溶け込み、子供でも当たり前に扱えるが、それ以外の部分は現在と大差ない。ごく普通の小学生の主人公が、サイバーパンクなトラブルに巻き込まれていく。

2007年文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞[1]、第7回東京アニメアワードTVアニメ部門優秀賞、第39回星雲賞メディア部門、第29回日本SF大賞受賞作品。また同作の原作・脚本・監督により、磯光雄が第13回アニメーション神戸個人賞を受賞した。

引用終了。

絵のタッチはジブリとかのようなテイストなのだけど、甲殻機動隊以上に設定はサイバーパンク。濃密なミステリーでありながらとても牧歌的。見ていて切なくて、楽しい。

次は何を見ようかしら。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-08-25 14:37 | エンタメ

TOKYO*CREATION

伊勢丹メンズ館でTOKYO*CREATIONという企画が8/25まで開催中。東京発のドメスティックブランドが並んでる。

メンズを始めたsacaiやwjkの橋本淳のシグネチャーブランド、ヴクテスなんかが目新しいところか。ヴクテスのニットの技術は凄い。普通のテーラードジャケットなのに、下半分がニット編みとか。全く情報のない、DUSTYというブランドも凄く仕立てがキレイ。

ジョン・ローレンス・サリバンのゴールドとシルバーのデニムジャケットに一目惚れ。お値段も手頃。でもここの服は痩せてないとかっこよく着れないのよね〜。

ところで伊勢丹って売れ線は外さないのに、なんでミハラヤスヒロは置かないのかしら。人気ないのかな。ナンバーナインのテナントの後がまが気になる。トム・フォードはどこに置かれるんだろう。

d0137231_14198.jpg

写真はfashionsnap.comよりsacai。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-08-14 01:10 | ファッション

最近のこととか気になったこととか(日常、エロ、モード、アニメ、音楽)

湘南に地引き網に行った。でも手を汚したくないので僕はそばで見てるだけ。小さな伊勢エビが引っかかってた。曇り空の海で過ごす休日はことのほか気持ちが良かった。

国会図書館に行った。ここには児童書からエロ本まで何でも揃ってる。もちろん漫画も。漫画喫茶と比べれば利便性は悪いけど、その天井の高さには目を見張るものがあり、いつもの読書が少々高尚なものに変わるかも。


パラダイステレビがロフトプラスワンで行ったイベントに行きそびれた。パラダイステレビはエロ放送局で、僕は以前にも六本木のガーデンってクラブで行われたキャットファイトのイベントに参加したことがある。パラダイステレビでもキャットファイトでもないけれど、ガールズグラウンドレスリングなる、なかなかアングラなイベントがあるので今度行ってみる予定。


ヨウジヤマモトが身売りを検討しているらしい。ソースは色んなブログ。最近暗い話題ばかりのモード界。トム・フォードの伊勢丹への出店くらいかな、嬉しい話題は。

JEREMY SCOTTがGIRL NEXT DOORとコラボグッズを出している。何だろう、このどこにもニーズのない組み合わせ。かたやファッショニスタ御用達ブランド、かたや地方の中高生にしか人気のなさそうな三人組。対極なんだけどな。でもデザインはいつものJEREMY SCOTT。

d0137231_7151244.jpg


今期は見るものがないと思っていたアニメなんだけど、化物語が面白い。ストーリーはよくわかんないんだけど、キャラクターのセンス溢れるセリフ回しが素敵。制作はシャフト。ところどころに絶望先生で使われているような演出が施されている。原作者の西尾維新は少年ジャンプでめだかボックスを連載中。


DIESEL主催のミュージック・プロジェクト、DIESEL:U:MUSICのジャパン優勝者であるAMWE(アムウィ)がけっこう好き。サマソニにも出るらしい。この辺の音楽の情報はマスメディア経由ではなかなか手に入らないのだけど、何か良い情報源はないかしら。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-08-07 07:32 | 雑記