<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

キリコとブラックブレインを買った。

キリコとブラックブレインを買った。

僕が今まで集めたことのある漫画は、「今日から俺は」、「最終兵器彼女」、「Bバージン」、それと、「キリコ」と「ブラックブレイン」。

どれも愛しちゃって、たいていは立ち読みで済ましちゃう僕が購入をいとわなかったもの。「今日から俺は」の5巻は間違えて3冊買っちゃったし、「最終兵器彼女」の7巻は予備校時代でお金もないのに、早く読みたくて特典付きで割高な早売りのものを買った。

大学進学の為に上京するにあたって全て処分したのだけど、先日古本屋でキリコとブラックブレインを見つけて、全巻即買い。一回惚れた女はいつ会っても魅力的に見えてしまうようなもので、やっぱり何年経っても面白い漫画。


キリコ
d0137231_050336.jpg

1998年から約9ヶ月間モーニングにて連載。作者は木葉功一。

d0137231_0493879.jpg

殺し屋の少女と、兄の敵を討つことだけを生きる糧に少女を追いかける男の話。

抜群の疾走感と躍動感に満ちていて、読んでいて爽快感に溢れる作品。作者は元々映画関係の人間らしく、状況描写が凄まじい。もう本当にただただカッコイイ。

今はwebコミックのMichaoで「ディザインド」を連載中。


ブラックブレイン
d0137231_0501491.jpg

1994年から約3年ヤングマガジンにて連載。作者はサガノヘルマー。

d0137231_0495295.jpg

ある日高校生の男の子の所に未来人が現れて、他人の内部に入り込んで身体イメージを作り替える能力を与える。その能力を使って、昆虫人間、水棲人間、異常なフェミニスト、カルト宗教信者などなど、未来を邪進化させる相手と戦う話。

エログロな上に絵が下手なので、生々しさが加速してる。話の構成的には寄生獣と似ているんだけど、ひたすらエロくて、ひたすらグロい。とは言え奇抜さがだけが前に出るのではなく、一つ一つのエピソードはどれもどこか切なさが残る叙情的なもの。たぶんリリーフランキーの東京タワーぐらい感動する。東京タワー読んでないけど。

これの後もいくつか連載してたけど、今は成年漫画を書いてるっぽい。
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-12-19 01:48 | エンタメ

今年はスケートリンクが多い。

日比谷公園前の三信ビルディング跡地に作られた多目的オープンスペース、日比谷パティオのスケートリンクに行って来た。来年1月4日までの期間限定の開設。

d0137231_3243759.jpg

通常の氷のリンクではなく、ポリオレフィン系樹脂をベースに開発した素材を使用したパネル上に専用ワックスを散布したリンクで、こけると濡れるのではなく、消しゴムカスみたいなものが服に付いてやっかい。

価格は入場料1200円に貸靴料が500円。ちなみに高田馬場のシチズンプラザのスケートリンクは入場料1300円に貸靴料が500円なので相場通りといったところ。

今年はスケートリンクが多い。赤坂サカスやキッザニア、豊島園なんかでも開設されている。近年のフィギアスケート人気の影響らしい。

横浜の赤レンガ倉庫のスケートリンク、アートリンクは今年で4年目。

d0137231_3435991.jpg

カンヌ国際映画祭やベルリン国際映画祭で上映経験を持つ映像アーティスト「SHIMURABROS.(シムラブロス)」が、「Hibernation-冬眠」をテーマに、鉄骨と12枚の液晶パネルを使い、スケートリンクの氷の下などに設置したLED照明と共鳴する青白い幻想的な空間を演出する。

横浜まで行くのがなんだけど、こちらは素敵要素が豊富な上に入場料が500円。

たまにしか行かないと全然滑れない。上達するなら今冬ね。
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-12-09 04:17 | エンタメ

Nicolas Andreas Taralis (ニコラ・アンドレア・タラリス)」2009S/Sから復帰

d0137231_5505024.jpg

ニコラ・アンドレア・タラリスが次回の春夏から復帰するらしい。

NYパーソンズ卒業後、ウィーンの美術大学にてヘルムートラングのもとでデザインを学び、卒業後はパリに移りディオールオムの立ち上げ時から3年間エディスリマンのアシスタントを務め、2004年春夏コレクションで自身の名を冠したレディスウェアを初披露。 その後はユニクロのデザイナーズインビテーションやチェルッティのクリエイティブディレクターをしたり、大阪のセレクトショップとコラボレーションラインを出したりしてたけど、しばらくシグネチャーラインはお休みしていた彼。

デビューコレクションからLOVELESSで扱ってて、当時ラングやディオールに憧れてた身としては、それら以上に衝撃を受けたものだったわ。

日本ではまだ取り扱い店舗は不明みたいだけど、今後の展開が楽しみ。

d0137231_5505817.jpg

[PR]
by seijiseiji8 | 2008-12-08 05:59 | ファッション