カテゴリ:アート・デザイン( 15 )

HOW TO COOK DOCOMODAKE?

ICCで開催中の、ドコモダケをモチーフにした展覧会『HOW TO COOK DOCOMODAKE?』に
行ってきた。

会場は自由に撮影が可能。auの携帯で撮りまくってきた。

d0137231_955841.jpg

松井えり菜。たまにメディアに取り上げられてるのを見る。

d0137231_96829.jpg

シアタープロダクツからTシャツも。会場で購入可能。

d0137231_961525.jpg

キノコ型してる。これをキモイおっさんが着ると、とてもキモイおっさんになると思われる。
可愛い人はそれなりに。

d0137231_962416.jpg

展覧会のポスターになってるやつ。持って帰りたい。

d0137231_963175.jpg

自分の影にドコモダケが反応するインスタレーション。ポニョンポニョン体を跳ねます。


『HOW TO COOK DOCOMODAKE?』
2008年10月4日(土)〜10月13日(月・祝日)10:00〜18:00
会場:NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]特設会場

出展アーティスト:
近藤聡乃
アンリアレイジ
千鳥屋+市原
松井えり菜
横山豊蘭
今井トゥーンズ
古武家賢太郎
黒田潔
KYOTARO
嶺脇美貴子
MUSTONE
本城直季
えぐちりか
福井利佐
姉川たく
シアタープロダクツ
plaplax

休館日:10月6日
料金:無料
主催:ドコモダケアディクト委員会
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-10-09 09:14 | アート・デザイン

Akasaka Art Flower 08

TBS主催で、草間彌生やオノ・ヨーコなどの大御所も参加する現代アートのイベント、
Akasaka Art Flower 08が開催中。

d0137231_15532795.jpg

以下、TBSのコメント。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「赤坂」と共に歩み、「赤坂」の変遷を見つめてきたTBSが、今年3月にオープンさせた複合エンターテインメント空間「赤坂サカス」。その新しいエリアを最大限に活かしながら、TBSは、この「赤坂」で何ができ、何をすべきかを考え続けています。そして、そのひとつの答えが、今回開催する『Akasaka Art Flower 08』です。放送局と現代アートが手を取り合って、この「赤坂」からアートの魅力を発信したい。そして、現代アートを通して「赤坂」の街の素晴らしさと奥深さをより多くの方々に再認識して欲しい。この『Akasaka Art Flower 08』の大きなテーマを実現させることが、「赤坂」という街と共に生きるわたしたちTBSの役割のひとつだと考えたのです。『Akasaka Art Flower 08』が、「赤坂」が東京の新たな文化発信基地としての地位を確立するための大きな一歩となると同時に、放送局と街とアートの在り方を世に問うひとつのきっかけとなることを願っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

草間彌生グッズなんかも貰えるらしい。

僕は鉄割アルバトロスケット、珍しいキノコ舞踊団の公演を観覧予定。

d0137231_15534560.jpg

開催期間 2008年9月10日(水)〜10月13日(月・祝)会期中無休
開催時間 11:00〜19:00
開催場所 赤坂サカスを中心とした赤坂一帯
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-10-01 15:55 | アート・デザイン

アートとビールを楽しむ秋の休日、中央区のギャラリーをバスで巡るアートツアー

アートとビールを楽しむ秋の休日、中央区のギャラリーをバスで巡るアートツアー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドイツで10月に毎年行われるビールお祭り『オクトーバーフェスト』にちなんだアートのイベント『Kunst Oktoberfest(クンスト・オクトーバーフェスト)』が、10月4日(土)に開催される。

このイベントは秋の休日にビールとアートを楽しむべく、盛り上がりを見せる中央区のギャラリーをバスで巡りながらビールが楽しむことができる。バスルートはタグチファインアートからスタートする北ルートと、オオタファインアーツからの南ルート、ギャラリーショウコンテンポラリーアートから南北ルートに分かれており、それぞれ28人乗りのバスでスタートする。

各ギャラリーではアーティストトークやギャラリートークなどのイベントが随時開催予定となっており、何が行われるかは行ってみてからのお楽しみとのこと。さらに各画廊ではヨーロッパ二大食品品評会『iTQi &モンドセレクション』で、ダブル受賞を果たした関東の地ビール「COEDO」がなんと無料で味わうことができる。

参加ギャラリー、バスルートはウェブサイトを参照。

『Kunst Oktoberfest - アートとビールを楽しむ秋の休日 』
2008年10月4日(土)13:00〜19:00
会場:東京都中央区、千代田区内参加画廊バス巡回
主催:クンスト・オクトーバーフェスト2008実行委員会
協賛:コエドブルワリー、@Gallery TAGBOAT、日の丸自動車興業株式会社、美術手帖/BT、art_icle(順不同)
問い合わせ:岩瀬幸子(nca | nichido contemporary art)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

飲んだくれてアート鑑賞。絶対楽しいよ!参加必須だわ〜。COEDOもかなり気になります。
d0137231_1254419.jpg

[PR]
by seijiseiji8 | 2008-09-30 12:54 | アート・デザイン

山本タカト展

d0137231_1485581.jpg


現在4会場で山本タカト展が開催中。近所でもやってるので明日行こう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山本タカト展 TAKATO YAMAMOTO EXHIBITION 2008

第一会場『山本タカト展【1】〜奇想と嘆美十年の奇跡』
10年にわたる創作の奇跡を、5冊の画集に収録された作品の中から最新作品を含む約50点を厳選、また画集未掲載の貴重な作品も加え展覧いたします。

第二会場『山本タカト展【2】〜ヘルマフロディトゥスの助骨』
新刊「ヘルマフロディトゥスの助骨」に収録された最新作品を中心に会場構成が行われます。

第三会場『山本タカト展【3】〜幻色夢鏡』
片岡佐吉ほか所蔵家らの貴重な山本タカトコレクションを開帳します。

第四会場『山本タカト展【4】〜TAKATO YAMAMOTO EXHIBITION』
東京で開催される山本タカト展の一部を再構成した展示がローマに巡回します。

2008年 09月 10日(水) 〜 11月 06日(木)

第一会場 紀伊国屋画廊
紀伊国屋書店新宿本店4階/入場無料
TEL:03-3354-7401
9月11日(木)〜9月23日(火)
AM10:00〜PM6:30(最終日はPM6:00まで)

第二会場 ゴタンダソニック
品川区西五反田3-8-3 町原ビル1F/入場無料
お問い合わせ:株式会社アップタイト 03-3498-5170
10月4日(土)〜10月14日(火)
平日PM12:00〜PM8:00 土日祝日AM11:00〜PM8:00(最終日はPM5:00まで)

第三会場 マリアの心臓
渋谷区神南1-20-9-B1/入場料1000円
TEL:03-3780-9818
9月10日(水)〜9月28日(日)
AM1:00〜PM7:30/火曜休館(9月23日(火・祝は開館いたします)

第四会場 MONDO BIZZARRO GALLERY(Rome,italy)
10月4日(土)〜11月6日(木)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

五反田にもそういうスペースあるんだね〜。

そういえば数年前にギャラリーG8の企画で買ったジーンズは未だに未使用です。

d0137231_149537.jpg

[PR]
by seijiseiji8 | 2008-09-18 02:15 | アート・デザイン

ICC

NTTが運営するメディアアートの施設、ICCの展示がリニューアルしたというので見に行く。
と言ってもリニューアルしたのは4月で、ずいぶん前のことだけど。

鑑賞する、というよりも体験するといった作品ばかりで、相変わらず楽しい場所。
これで入場料がタダなんだから素敵過ぎる!


展示の一つとして、YAMAHAから市販もされてるTENORI-ONが出品されてた。
http://www.yamaha.co.jp/tenori-on/index.html
d0137231_23502319.jpg
TENORI-ONはメディアアーティスト岩井俊雄とヤマハとのコラボレーションによって
制作された21世紀の音楽インターフェース。
16×16個のLEDボタンを使って、音楽の知識がなくても視覚的・直感的に
作曲/演奏することが可能です。

デモ映像:http://jp.youtube.com/watch?v=_SGwDhKTrwU

これ、最高。本当に楽しい!本当に面白い!
でもお値段12万千円・・・・・。高っ!


会場内にあったフリーペーパーに、保養とアートの宿として知られる、栃木の
板室温泉大黒屋の記事を発見。
d0137231_00350.jpg
創業1551年の老舗旅館ながら、現代アートを中心に据えてサービスを提供する
変わったお宿。

是非一度お泊まりしたいものだわ。一青窈みたいな感じの女性を伴って。




雨にうんざりする、このところ。

ICCに向かう途中のコンランショップで、こんなものをお買い上げ。
d0137231_011206.jpg
アルコール0%とか書いてあって、お酒なのかしらと思わせておいて、
d0137231_0112827.jpg
折りたたみ傘。

明日の雨は、ちょっとだけ楽しみ。
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-08-27 00:15 | アート・デザイン