カテゴリ:アート・デザイン( 15 )

Welcome to Kitty City ねこねこ脳内増殖



猫ちゃん!猫ちゃん!猫ちゃん!猫ちゃんぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!猫ちゃん猫ちゃん猫ちゃんぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!猫ちゃん・フランソワーズたんの桃色ブロンドの髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
小説12巻の猫ちゃんたんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
アニメ2期放送されて良かったね猫ちゃんたん!あぁあああああ!かわいい!猫ちゃんたん!かわいい!あっああぁああ!
コミック2巻も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!コミックなんて現実じゃない!!!!あ…小説もアニメもよく考えたら…
猫ちゃん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!ハルケギニアぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵の猫ちゃんちゃんが僕を見てる?
表紙絵の猫ちゃんちゃんが僕を見てるぞ!猫ちゃんちゃんが僕を見てるぞ!挿絵の猫ちゃんちゃんが僕を見てるぞ!!
アニメの猫ちゃんちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕には猫ちゃんちゃんがいる!!やったよケティ!!ひとりでできるもん!!!
あ、コミックの猫ちゃんちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあアン様ぁあ!!シ、シエスター!!アンリエッタぁああああああ!!!タバサァぁあああ!!
ううっうぅうう!!俺の想いよ猫ちゃんへ届け!!東京ドイツ村の猫ちゃんへ届け!


ねこねこ脳内増殖。孤高の天才シリアック(Cyriak) の新作にメロメロまくり
[PR]
by seijiseiji8 | 2011-11-08 22:57 | アート・デザイン

2010年度(第14回)文化庁メディア芸術祭

1998年から開催されてる文化庁メディア芸術祭。http://plaza.bunka.go.jp/festival/

d0137231_029482.jpg

アート、エンターテイメント、アニメーション、マンガ部門の受賞作品が、ここ数年は国立新美術館を会場にして無料で公開されている。

アート、エンターテイメントに関しては、インタラクティブアート、インスタレーション、映像、Webなどのデジタル作品が対象。全てに共通して、商業的な成功よりも前衛的な作風が優先される傾向があるみたい。


毎年行っているのだけど、今年も行って来た。平日に行ったにも関わらずなかなかの込み様。多少の仕切りはあるものの、全ての作品がワンフロアに展示されているために、常に近くの別の作品の音が聞こえてしまって、一つ一つの作品に集中出来ないのが残念。

有料になっても良いから、鑑賞環境をもっと整えて欲しいというのは思う所。せめて2フロアに分けてくれたら、人も音も分散して良いのだけど。

国立新美術館の前は恵比寿の写真美術館が会場になっており、その時は数フロアに分けて展示がされていて、更に今ほど人で込み合う事もなかったのでじっくりと楽しめた。

なんて昔は良かったなんて言って楽しまないのはもったいないので、今年は素直な気持ちで巡回。作品の面白さもさることながら、一番の魅力は文化系美女の遭遇率の高さ。賢くて家柄が良くて身持ちの固い面々大集合。僕の勝手な想像だけど。コンテンポラリーダンスの会場と同じ客層。黒髪率高し!

今年の僕のお気に入りは「10番目の感傷」。何でも無い日用品が作り出す、荘厳な影の世界。そのちっぽけさに圧倒されるの。目線で文字や絵を描く「The EyeWriter」も興味深かった。

作品は魅力的なものばかりだし、疲れたら女の子眺めてればいいし、あとはもうちょっと静かに鑑賞出来れば丸一日いても飽きないイベント。マンガも読めてゲームも出来るしね。

d0137231_134788.jpg

[PR]
by seijiseiji8 | 2011-02-10 01:10 | アート・デザイン

アート×ブリーフ(田名網敬一のTシャツが時々無性に欲しくなる)

田名網敬一の絵がプリントされたTシャツが時々無性に欲しくなる。初めて六本木ヒルズの森美術館に行った時、ミュージアムショップで見かけて以来彼の虜。まだ売ってるのかなーとネットを散策。

田名網敬一の作品は、
d0137231_23155944.jpg

d0137231_2315303.jpg

d0137231_23154076.jpg
こんな感じ。

探してみると数件ヒット。割と色んなグッズが色んな所から販売されている。
d0137231_23145722.jpg

d0137231_23162526.jpg
d0137231_23164221.jpg

僕はものすごい好きなんだけど、着ていく場所、一緒にいる相手を考えなきゃいけない柄。

散策中に下着も発見。前に取り上げたアンダーキングにも出品している3RDWAREの商品。田名網敬一以外のアーティストの作品も多数。

田名網敬一
d0137231_2317795.jpg

天明屋尚
d0137231_23172112.jpg

花くまゆうさく
d0137231_23173032.jpg

アーティストリストの顔ぶれが凄い。安齋肇、今井トゥーンズ、リリー・フランキー、松下進、坂本龍一 、しりあがり寿、山本タカト、ENLIGHTENMENT、他にもたくさんたくさん。

そしてこれがお店の写真。かっこいいんですけどー。下手な美術館行くよりずっと楽しそう。
d0137231_23173896.jpg
場所は原宿。
d0137231_23174571.jpg
修学旅行の中高生が、竹下通りでアイドルグッズを漁った後にここで下着を選んでいたら惚れる。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-12-04 23:44 | アート・デザイン

No Man’s Land@フランス大使館

南麻布にあるフランス大使館が先頃移転し、解体が決定している旧大使館でアートイベント、「No Man’s Land」をやっていたので行ってみた。なぜかフランス語でなく英語。跡地はマンションになるのだとか。
d0137231_3101963.jpg
d0137231_310404.jpg

d0137231_330023.jpg
d0137231_330964.jpg
d0137231_330204.jpg
d0137231_3303136.jpg
d0137231_3303732.jpg


壊れ行く施設の中で、日仏のアーティストが好き勝手やっている。2009年11月26日〜2010年1月31日の開催期間中に、アーティストが在中して作品を作り上げて行くタイプの展示も多く、アーティストの名前でスペースを取られた何も無い部屋もあった。

参加アーティストは以下。みかんぐみの作品で、旧大使館で使われていた什器を加工して来場者にプレゼントなんてものも。来場者が自由に落書き出来るスペースもあったりして、アーティスト気取って一筆入魂。

Albert Abut
Cécile Andrieu
Asamï
Agathe de Bailliencourt
Masako Ban(坂雅子)
Richard Bliah
Christian Boltanski
Lilian Bourgeat
Christophe Brunquell
Nicolas Buffe
c.r.c
Philippe Chatelain
Contrapuntal
Peter Cook
Alexa Daerr
Alice Daquet
Sarah Dolatabadi
Yuumi Domoto(堂本右美)
Erkiletlian Romain
Pierre Filliquet
Audrey Fondecave
Monique Frydman
Nobuhiro Fukui(福居伸宏)
Emmanuel Guillaud
Hanayo(花代)
HIROMIX(ヒロミックス)
Akiko Hoshina(保科晶子)
J.Jo
Jef Aerosol
Bernard Joisten
Jules Julien
Kare-San-Sui Surrounding(枯山水サラウンディング)
Kengo Kito(鬼頭健吾)
Ai Kitahara(北原愛)
Kosei Komatsu(小松宏誠)
Anne Leigniel
Guillaume Leingre
Claude Lévêque
Julien Levy
M. Chat
Matthieu Manche
Erina Matsui(松井えり菜)
Harutaka Matsumoto(松本春崇)
Mathieu Mercier
Seiji Mido
MIKAN(みかんぐみ)
Shintaro Miyake(三宅信太郎)
Manika Nagare(流麻二果)
Takashi Nakajima(中島崇)
Shunsuke François Nanjo(南條俊輔フランソワ)
Gwenael Nicolas
Hiroko Okada(岡田裕子)
Andrew Palaski
Frank le Petit
Aurélie Pétrel
Sabine Pigalle
Plaplax
Pierre la Police
Psykoze
REBIRTH PROJECT(伊勢谷友介×リバースプロジェクト)
Lucille Reyboz / Hitomi Fujiwara
Georges Rousse
SANAA(妹島和世×西沢立衛)
Shun Sasa(佐々瞬)
Speedy Graphito
Kishio Suga(菅木志雄)
Kouichi Tabata(田幡浩一)
Mayumi Terada(寺田真由美)
Kimio Tsuchiya(土屋公雄)
Christophe Valéry
Julien Védrine
Jean Luc Vilmouth
Shingo Yoshida(吉田真悟)
Yoshino Shotaro(吉野祥太郎)

d0137231_3255268.jpg
クリックで拡大。

画像はこちらより転載。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-11-30 03:33 | アート・デザイン

ICCリニューアル

数々のメディアアートの作品が展示されているNTTインターコミュニケーション・センター、通称ICCのオープンスペースが昨日5/16にリニューアル。

TENORI-ONがなくなったのは寂しいけれど、相変わらず入場料無料で楽しいところ。隣のオペラシティではアントワープ6展もやってるし。

d0137231_1185413.jpg

[PR]
by seijiseiji8 | 2009-05-17 11:09 | アート・デザイン

第10回SICF & SICF 10th Anniversary グランプリアーティスト展 00-08

毎年恒例アートイベント。

d0137231_5354862.jpg


期間 :
04.28~05.05
会場 :
スパイラルホール

ゴールデンウィーク恒例、若手クリエーター100組によるアートの祭典

今年で10周年を迎えるSICF(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)。

書類審査を通過した若きクリエーター100組がスパイラルホールに集結し、自由な感性で意欲的に制作した作品を発表します。

ジャンルは美術、デザイン、ファッションまでさまざま。
所せましと並んだ個性豊かなブースの間を歩きながら、お祭りのような雰囲気の中で若手クリエーターの作品に触れることができるゴールデンウィーク恒例のアート・フェスティバルです。


今年は10周年を記念して、これまでの歴代グランプリ受賞者が作品を一堂に発表する
グランプリアーティスト展「00-08」を4月28日からスパイラルガーデンにて同時開催。

時を経てさらに成長した歴代グランプリ受賞者と、未来へ向けて新たなクリエーションを発信する第10回SICF出展クリエーターの競演にご期待ください!

★SICF公式ホームページで入場料が20%OFFになるウェブクーポン配布中!詳細はこちら

★SICFは、青山通りと表参道を結ぶ青参道エリアで開催されるイベント「青参道いちば」に参加します。「青参道いちば」のフライヤーをお持ちいただいたお客様は入場料が20%OFFになります!
「青参道いちば」公式HPこちら


【審査員】(50音順・敬称略)
ゲスト審査員:ひびのこづえ(コスチュームアーティスト)、松永英伸(建築家/CLIP)
レギュラー審査員:浅井隆(アップリンク主宰)、佐藤尊彦(ビームス商品本部 メンズ統括部 係長)、南條史生(森美術館館長)、岡田勉(スパイラル・チーフキュレーター)

【開催概要】
第10回SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)

会  期: Aグループ 2009年5月2日(土)、3日(日・祝) 11:00~20:00 
         Bグループ 2009年5月4日(月・祝)、5日(火・祝)11:00~20:00
         ※但し最終日(5月5日)は19:00まで
会  場:  スパイラルホール(スパイラル3F) 
料  金: 1日券/一般 700円 学生 500円
       4日間フリーパス/一般 1,500円 学生1,000円
主  催: 株式会社ワコールアートセンター
企画制作:スパイラル
会場構成:CLIP
グラフィックデザイン:マグニチュードグラフィックス
U R L: http://www.spiral.co.jp/sicf/

★同時開催
SICF 10th Anniversary グランプリアーティスト展 00-08

会   期: 2009年4月28日(火)~5日(火・祝)11:00~20:00
会   場: スパイラルガーデン(スパイラル1F) 
料   金: 無料
主   催: 株式会社ワコールアートセンター      
企画制作: スパイラル

出 展 者:
2000年開催 第1回SICFグランプリ 中原英隆
2001年開催 第2回SICFグランプリ 月岡彩
2002年開催 第3回SICFグランプリ 川瀬浩介
2003年開催 第4回SICFグランプリ サクラヤスユキ
2004年開催 第5回SICFグランプリ ATIEK+D
2005年開催 第6回SICFグランプリ 塩保朋子
2006年開催 第7回SICFグランプリ 松田直樹
2007年開催 第8回SICFグランプリ 佐藤誠高
2008年開催 第9回SICFグランプリ 藤井秀全
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-04-30 05:37 | アート・デザイン

猪子寿之タナカカツキ中村勇吾富野由悠季辻川幸一郎伊藤直樹FUGAHUM田島一成I Am Robot And Proud真鍋大度

個人的にかなり楽しそうなイベント発見。

クリエイティブ・スタジオANSWRが主宰するカルチャーWebマガジン、public-image.orgより新しいカタチの体験型クリエイティブカンファレンス「Public/image.METHOD」。

d0137231_715067.jpg


white-screen.jpCINRAでも紹介されてる。

white-screen.jpから内容を抜粋すると、クリエイティブインダストリー集団TEAM LAB代表の猪子寿之×マンガ家のタナカカツキ!そして中村勇吾(tha.ltd)×ガンダムなどで知られるアニメ監督の富野由悠季!映像作家の辻川幸一郎×Webのクリエイティブ代表、GTの伊藤直樹!さらにエンライトメントの三嶋章義&山本亜須香によるファッションデザインユニットFUGAHUM×写真家の田島一成、そしてカナダのミュージシャンI Am Robot And Proud×メディアアーティストの真鍋大度!

TEAM LAB × タナカカツキは、TEAM LABが作ったコンテンツインターフェイス「SKETCH PISTON」と、タナカカツキの超独創的世界観を融合したセッションになる予定。中村勇吾(THA)×富野由悠季では、中村勇吾氏自ら対談を希望したアニメの巨匠富野由悠季氏とアニメーションについて語っていく。辻川幸一郎 × 伊藤直樹ではこれからのWEBシーンでの映像革命について語り、FUGAHUM × 田島一成はドキュメンタリー映像と対談によるファッションカタログ制作の裏を公開する。

イベントの詳細、ゲストプロフィール、チケットの購入はこちらから。通常チケットは既に完売で、50枚のチケットを追加で抽選販売するそう。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-04-14 07:26 | アート・デザイン

エマージング・ディレクターズ・アートフェア 「ウルトラ001」に行って来た。

ワコールアートセンターが運営している、明日11/3まで青山のスパイラルにて無料開催中。

その場でお買い上げも可能。複数のギャラリーがぎゅっと集まってる、なかなか楽しい空間。

d0137231_21395945.jpg

期間 :
2008.10.29~11.03
会場 :
スパイラルガーデン/1F

ディレクターを単位とする、新形式のアートフェアを開催

今や世界中で開催されるアートフェア。本アートフェアは、通常のギャラリー単位で出展されるアートフェアとは一線を画し、ギャラリーで実際に作家、作品を選ぶディレクター個人を出展単位として開催する新しい試みです。参加ディレクターの年齢を、40歳以下に設定しています。美術が本来持っている個の力を、作品から、展示から、またマーケットから引き出すことを目的とし、美術界の次代を担う若手ディレクターにスポットをあて、常に新鮮な感性を届けるフェアとしての継続を図ることを意図しています。
「ウルトラ」は語源であるラテン語の「~の彼方に、~を越えて」が意味するように、新形式のアートフェア形成の実現を目指し、またここから美術マーケットが新たな広がりを見せることへの期待が込められています。若手ディレクター25名によってセレクトされた作品の数々を、この機会に是非ご覧下さい。

【出展ディレクターリスト】
01.青山秀樹 (青山|目黒、東京)
02.天野智恵子 (AIN SOPH DISPATCH、名古屋)
03.市川靖子 (nico project、東京)
04.伊藤悠 (magical, ARTROOM、東京)
05.加藤育子 (スパイラル、東京)
06.小暮ともこ (GALLERY小暮、東京)
07.児玉公義 (児玉画廊、京都/東京)
08.小塚真里繪(Gallery Kozuka、名古屋)
09.小和田愛 (Gallery Teo、東京)
10.笹原友香 (Yuka Sasahara Gallery、東京)
11.竹崎和征+蜷川敦子 (Take Ninagawa、東京)
12.戸塚憲太郎 (hpgrp GALLERY東京、東京)
13.南塚真史 (NANZUKA UNDERGROUND、東京)
14.西冬樹 (ART TOKYO、東京)
15.藤城里香 (無人島プロダクション、東京)
16.細井眞子 (TARONASU、東京)
17.幕内政治 (新生堂、東京)
18.松島英理香 (CASHI、東京)
19.三上善司 (ZENSHI、東京)
20.水野慶子 (ユミコチバアソシエイツ、東京)
21.水野亮子 (株式会社レントゲンヴェルケ、東京)
22.森裕一 (モリユウギャラリー、京都/東京)
23.山本ゆうこ (山本現代、東京)
24.吉井仁実+関島礼史(hiromiyoshii、東京)
25.ジェフリー・イアン・ローゼン (gallery.sora./Taka Ishii Gallery、東京)

【開催概要】
日程:11:00~20:00 会期中無休 入場無料
主催:ウルトラ実行委員会
フェアマネージャー 池内務(株式会社レントゲンヴェルケ)、株式会社ワコールアートセンター
企画制作:スパイラル
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-11-02 21:44 | アート・デザイン

DESIGN TOUCH Performance

PingMagでデザインウィークの特集がされている。

デザインタイドデザイナーズウィークに行くのはもう決めてるんだけど、
Tokyo Midtown DESIGN TOUCHDESIGN TOUCH Performanceが面白そう。

d0137231_7265469.jpg


【開催期間】
11月1日(土)〜11月3日(月・祝) ※雨天決行、荒天時中止。
【開催場所】
プラザ キャノピー・スクエア
【内容】
TOKYO FM Midtown Studio との共催によるスペシャル音楽イベント。DJ TOWA TEI を筆頭に、様々なジャンルのミュージッククリエーターが集結し、パフォーマンスを繰り広げます。
【出演スケジュール】
◆11/1(土)『MUSIC DESIGN for VISUAL』
d.v.d(16:00)、SONPUB AND VJ DIAGRAM(17:30)、DJ TOWA TEI/ENLIGHTENMENT(19:00)
◆11/2(日)『MUSIC DESIGN for NEXT』
Soothe(14:00)、metalmouse(17:00)
◆11/3(月・祝)『MUSIC DESIGN for VOICE』
コトリンゴ(12:00)、トベタ バジュン(14:00)、SOUL SOURCE PRODUCTION(16:00)
※出演者、時間などは事情により変更する場合があります。
※入場無料。
【主催】
東京ミッドタウン・TOKYO FM


デザイナーズウィークにはJ-WAVEが絡んでるけど、こっちはTOKYO FM なのね。
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-10-30 07:20 | アート・デザイン

「デザインタイド」開幕近づく (10/30〜11/3)

「デザインタイド」開幕近づく−メーンイベントに38組のクリエーター

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 今年から六本木の東京ミッドタウン(港区赤坂9)にメーン会場を移した「DESIGNTIDE(デザインタイド)」が10月30日開幕する。

 インテリア、プロダクト、建築、グラフィック、テキスタイル、ファッション、アートなど様々なジャンルから参加クリエーターを募り、作品を一同に集めるデザインイベント「デザインタイド」。今年の開催期間は10月30日〜11月3日の5日間。昨年までは広域渋谷圏周辺を主会場に開催してきた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0137231_9351573.jpg


デザインタイドが渋谷から六本木へお引っ越し。

去年ミッドタウンでやってたデザインイベントはなくなっちゃったのかな?

東京デザイナーズウィークの方は例年通り神宮外苑で10/30〜11/3のスケジュールで開催されるみたい。


DESIGNTIDE

東京デザイナーズウィーク
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-10-20 09:37 | アート