カテゴリ:雑記( 66 )

子供と大人

元2ちゃんねる管理人のひろゆきのブログ、ひろゆき@オープンSNSの「大人の役割」というエントリーに凄く共感した。とある掲示板の、とあるスレッドの一つのレスを取り上げて、彼はコメントをしている。


124 マロン名無しさん :2009/01/28(水) 00:03:17 ID:???
やれやれだぜ
何が嫌いかじゃなく、何が好きかで語れるのが大人だぜ


文句ばっかり言ってるのは子供の限界で、
文句を言われてても何かを組み立てるのが
大人の役割だとすると、
人の足を引っ張るだけで、
自分が何かをした気になってる大人が増えてる気がする今日このごろです。



ブログのエントリーは2009年1月30日。時期的に、麻生政権を批判する民主党やマスメディアに対しての思いかもしれない。

どんな子供も歳をとれば大人と呼ばれるようになる。今の法律であれば20歳を迎えると大人になる。

ただ、その精神性には個体差がある。少女のような老婆も、老婆のような少女もいるだろう。どんな時でも自分の主張を通そうとする大人もいれば、常に謙虚な態度をとる子供もいるだろう。

子供でも大人でも構わない。願わくば、人として魅力的でありたい。

誰かと何かを共有するのなら、嫌いなものより好きなものを共有したいものよね。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-10-07 14:29 | 雑記

gayvillage

僕は新宿の歌舞伎町に住んでいるのだけど、近くのコンビニで立ち読みしていたら東南アジア系の男性に道を聞かれたの。コンビニの店員ではなくて、なぜか僕に。

「Where is gayvillage ?」って聞かれて、その時は何のことか全く分からなくて、それって何?って聞いたらディスコとかがあるところだって言うの。全く見当がつかなくて、ごめん分からないって言ったら彼は去って行って、その後で気付いたの。「gayvillage」じゃなくて「gay village」で、彼は新宿二丁目に行きたかったんだって。ゲイビレッジって単語が初めて聞いた言葉だったし、彼もディスコがあるところだとしか言わなかったから気付かなかったのだけれど。

以前からファッションへの興味が強いこともあってよくゲイと間違われていたのだけど、外国人にそう思われたことは初めて。服装の趣向で性の趣向を判断する感覚って国際的なものなのね。まあ僕はノンケなんだけど。

家に帰ってから調べてたんだけど、日本でもゲイビレッジ、ゲイタウンと呼ばれる所って都市部にはちょこちょこあるのね。東京では新宿二丁目だけど、名古屋では女子大小路、大阪では堂山町というところがそうらしい。

d0137231_2074866.jpg


ゲイ繋がりの話題で、ゲイの人が好みそうなブランド、ラッドミュージシャンの新宿店が大塚家具の向かいに9/12にオープンした。場所がらファッションに対してそんなに意識の高くない人でも訪れそうだけど、ブランドの間口を広げることは確実。サイズはかなりタイトな展開だけど。


またまたゲイ繋がりの話題で、ゲイのゲイによるゲイをターゲットにしたミュージシャンて、最近で言えばシザー・シスターズとかがいるけど、その先駆けと言えばヴィレッジ・ピープル。

西城秀樹がカバーした「Y.M.C.A.」とか、ペット・ショップ・ボーイズがカバーした「Go West」は有名よね。結果的にはゲイよりも広く大衆に受けたんだけど。

メンバーはポリスマン、インディアン、GI、道路工事人、バイカー、カウボーイのコスプレをしているのだけど、それはゲイ受けを狙っているらしい。

YMCA

[PR]
by seijiseiji8 | 2009-09-13 20:18 | 雑記

ブラックカード

クレジットカードにおいて、ランクが高いとされるゴールドカードよりも上位のカードがプラチナカード、そして更にランクの高い最上位のカード、ブラックカード。アメックスのセンチュリオンしか知らなかったのだけど、他社もそれぞれ出しているらしい。

こちらがアメックスのセンチュリオン。国内では2002年から発行開始されたらしい。本国アメリカでも1999年発行開始とのこと。そんなに歴史のあるものではないのね。
d0137231_76157.jpg


JCBのザ・クラス。
d0137231_703847.jpg


ダイナースクラブのプレミアムカード。
d0137231_711350.jpg


VISAのインフィニットカード。
d0137231_711171.jpg


画像はgoogleの画像検索で色んなところから。

どのカードも、経営者か士業にでもならない限り縁がなさそう。ちなみにセンチュリオンの年会費は367,500円。なかなかお高いけど、それ以上のサービスとステータスを提供してくれるのだとか。

手に入れるにはまずプラチナカードを持っているのが前提で、利用実績及び利用店舗、職業や資産額(年収)などで審査を受けたうえでクレジットカード会社から選定された人に、招待案内(インビテーション)が送られるようなのだけど、どのような基準で選ばれているかは明らかにされてないみたい。

持ちたいという欲求はそんなにないけど、持てる立場にはなりたいものね。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-09-05 07:24 | 雑記

恋と政治

「恋は熱病のようなものである。それは意思とは関係なく生まれ、そして滅びる。」

これはフランスの小説家、スタンダールの言葉です。気づかぬ内にかかってしまい、いずれ治ってしまう病気に、恋を例えています。

発端は衝動的であり、終焉を迎える。恋愛なんてそんなものだと僕も思います。ちなみに恋と恋愛は同義です。少なくとも男性にとってはセックスの欲求がまずあって、そこに文化的な彩りを加えたものが恋愛活動ではないでしょうか。結婚は子育てや生活の側面が含まれるので、恋愛とは別物だと思っています。

「やりたいだけでしょ?」なんて女性からの言葉には、口ではどう繕おうとも、全面的に肯定です。


マスメディアによる自民党批判も、ネットメディアによる民主党批判も、似たようなものではないかと思っています。どちらの意見も、恋も、みな衝動的で、瞬間的な発作のようなもので、継続性がない。正確に言えば、メディア自体ではなく、メディアに影響される大衆が、盲目的な恋をしているような状態になっている。

政治や選挙に何を求めるかは個人の自由ではありますが、衝動的な意思決定はすべきではないと思います。内容をよく吟味し、個々の思想や立場と照らし合わせる必要があるでしょう。今回の選挙の自民党のキャッチコピーにこうあります、「日本を考える夏にしてください。」見る、知る、で止まらずに、考えることが不可欠ではないでしょうか。

自分の頭で考えた上での意見なら、大いに尊重されるべきだと思います。でも、そうでない、ただメディアの情報を鵜呑みにしてしまっているのならば。中身のない相手とは一度セックスしてしまえばそれで終わりですが、選挙で選ばれた相手とは4年もお付き合いしなければいけないのですから。政治は恋のようであってはならないのです。


僕はテレビをあんまり見ないし、ラジオではその手の話題が少ないので、政治的な話題に接するのはネットメディアぐらいなのですが、そのせいもあってどうしても民主党は支持出来ませんでした。

でも、先日この記事を読んで、民主党政権もありかもしれないと思うようになりました。リンク先は「ネトウヨが民主党支持の親子に話をきいてきた」というタイトルのブログエントリーなんですが、極めて冷静で理知的な民主党支持者の意見が聞けます。

ちなみに民主党の支持母体の一つである日教組の政策提言の中に、メディアリテラシー教育があったりします。マスメディアの自民党批判なんて鵜呑みにしちゃいけませんものね、なーんて。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-08-26 07:17 | 雑記

最近のこととか気になったこととか(日常、エロ、モード、アニメ、音楽)

湘南に地引き網に行った。でも手を汚したくないので僕はそばで見てるだけ。小さな伊勢エビが引っかかってた。曇り空の海で過ごす休日はことのほか気持ちが良かった。

国会図書館に行った。ここには児童書からエロ本まで何でも揃ってる。もちろん漫画も。漫画喫茶と比べれば利便性は悪いけど、その天井の高さには目を見張るものがあり、いつもの読書が少々高尚なものに変わるかも。


パラダイステレビがロフトプラスワンで行ったイベントに行きそびれた。パラダイステレビはエロ放送局で、僕は以前にも六本木のガーデンってクラブで行われたキャットファイトのイベントに参加したことがある。パラダイステレビでもキャットファイトでもないけれど、ガールズグラウンドレスリングなる、なかなかアングラなイベントがあるので今度行ってみる予定。


ヨウジヤマモトが身売りを検討しているらしい。ソースは色んなブログ。最近暗い話題ばかりのモード界。トム・フォードの伊勢丹への出店くらいかな、嬉しい話題は。

JEREMY SCOTTがGIRL NEXT DOORとコラボグッズを出している。何だろう、このどこにもニーズのない組み合わせ。かたやファッショニスタ御用達ブランド、かたや地方の中高生にしか人気のなさそうな三人組。対極なんだけどな。でもデザインはいつものJEREMY SCOTT。

d0137231_7151244.jpg


今期は見るものがないと思っていたアニメなんだけど、化物語が面白い。ストーリーはよくわかんないんだけど、キャラクターのセンス溢れるセリフ回しが素敵。制作はシャフト。ところどころに絶望先生で使われているような演出が施されている。原作者の西尾維新は少年ジャンプでめだかボックスを連載中。


DIESEL主催のミュージック・プロジェクト、DIESEL:U:MUSICのジャパン優勝者であるAMWE(アムウィ)がけっこう好き。サマソニにも出るらしい。この辺の音楽の情報はマスメディア経由ではなかなか手に入らないのだけど、何か良い情報源はないかしら。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-08-07 07:32 | 雑記

エロに対して真摯に向き合える女性は、たいてい美人で聡明

実体験として、エロに対して真摯に向き合える女性は、たいてい美人で聡明。向き合えない女性は、たいてい醜く愚鈍。その逆もしかり。今のところ例外はない。

経験が乏しくて想像(妄想)で補わなければいけないことほど、自信が持てずに恥ずかしさを感じてしまうもの。その点美人は経験が豊富。そして聡明な人は自己の向上に余念がない。恥ずかしがりやな美人なんて会ったことがない。演技の有無は置いておいて。


雑誌のサイゾーが好きなんだけど、そのWEB版の日刊サイゾーはよく見るサイトの一つ。その日刊サイゾーのアダルト版が、エロ系のネタが主体のメンズサイゾー

最近では、ネットでの露出は多いのにいまいち情報のないうしじまの初インタビュー記事が話題。

そんなメンズサイゾー、見所はたくさんあるのだけど、元AV女優の峰なゆかのコラムが面白い。うしじまもブログで褒めてたけど、コラムだけでなく彼女のブログも面白い。エロネタが主なのだけど、文章がとても魅力的。なおかつサブカル知識豊富で、マックイーンやV&Rについての言及もあったりして、女子としてのレベルの高さも感じられる。

そんな彼女達の文章を読んでいたら、前段のようなことを感じたのでした。ちなみに二人ともサガノヘルマー好き。


d0137231_22333143.jpg

画像はメンズサイゾーより、うしじま。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-07-20 22:38 | 雑記

erotic design works

2000年前後に大ヒットした感のあるerotic design works。ふと思い立ってネットで検索してみると、公式サイトはなくなっていて現状は伺えない。知らないうちに解散してしまったのか。

erotic design worksといえば、
d0137231_7104375.jpg

こんなソファー作ってたり、インテリア全般を扱ってたけど、なんといってもこちらの折り畳み自転車が有名。
d0137231_7144621.jpg


まだ折り畳み自転車自体が珍しかった頃に、豊富なカラーリングで展開。僕も、上京した2002年に渋谷の直営店で濃いめのピンクとベージュのツートンカラーの、いかにもeroなこいつを購入したもの。家の横に置いていたら誰かが乗って行ってしまったけど。

2万円前後のお値段で、デザインの良いものとしてはかなりお手頃感のあるものだった。

こんなこと書いてたら素敵な自転車が欲しくなってしまった。ショッキングピンクのが欲しい!オーダメイドしよう。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-06-26 07:38 | 雑記

男の子牧場に登録してみた。

先日リリースされて問題になっているモバイルサイト、男の子牧場に登録してみた。

d0137231_1140397.jpg


男の子牧場は女性限定のSNSで、会員が友人知人の男性情報を登録、登録された男性の情報を会員同士で紹介し合おうという婚活女性向けのサイト。登録の際、男性は馬や牛などのアイコンで表され、肉食と草食、軟派と硬派など任意に決めた縦軸横軸のマトリクスに配置することが出来る。

2ちゃんで取りざたされて、J-CAST痛いニュースなど、多数のサイトでネガティブに取り上げられてしまい、今もリリース元のサイバーエージェントの広報ブログは炎上中。

問題になっているのは男性蔑視のそのネーミングと、個人情報保護的にどうなのかということなどなど。確かに性別を女性にして、女の子牧場とか言っちゃうとかなり悪趣味。基本的には男性の了承を取って情報を載せるきまりになっているけど、それを確かめるすべが無いことが問題になっている。

とまあ一部では問題視されてるようなのだけど、たいていの男性は登録して頂いて女性を紹介されるのは大歓迎なんじゃないかと思うのだけど。出会いの手段は多いに超したことは無い訳で。

個人的には盛り上がって欲しいこのサイト、残念ながらネタ目的の男性ユーザーが多数入り込んじゃった様子。今後の展開を見守りたい。


参照:女子高生牧場 - onboku.jp
参照:女の子牧場
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-05-16 12:08 | 雑記

結婚しても専業主婦にならない、経済力のある頼もしい嫁をめとるには。婚活1

嫁が欲しい。正確に言うと経済的に支え合える人が欲しい。正直に言うと養ってくれる人が欲しい。だから婚活を始めようと思う。


巷では結婚活動、婚活という言葉が流行ってる。今度の月9も婚活がテーマ。行き遅れた女達が30代後半に突入し、今更妥協も出来ず、世の不況風に後押しをされ、女磨きと言う名の、先の見えたモラトリアムに入り込んでいるのかしら。僕の妄想だけど。

結婚出来ないのは2通りあると思う。出会いがないか、お金がないか。

出会いがない場合の婚活とは、男女ともに、自分の魅力を磨いて自信をつけることだろう。自信があると自然と行動力も上がるし、自信を持ってる人は周りから見ても魅力的なので勝手に人が寄ってくるもの。

お金がない時の婚活とはいかがなものか。女性ならば、より自分を磨いて新しい出会いを求めるか、自ら働き、経済的に互いに支え合える立場になることだろう。要は金持ちを捕まえるか、金を稼ぐか。男性もそれと同じようなもので、経済的に自立した女性を捜すか、よりお金を稼げるようにキャリアアップすること。

細かな方法論なんて考えればすぐに分かる。それを実行、実現するのが難しいのだけれど。


最近ぼーっと生きていたので、目標設定。夢は何ですかと聞かれれば、幸せな結婚だと答えます。今の僕には出会いもなければ、お金もない。夢の為に、まずは。

続く。

d0137231_19182845.jpg

[PR]
by seijiseiji8 | 2009-04-14 19:25 | 雑記

今期のアニメ 2009春

アニメの話。

今期見たもの。

東のエデン:監督は神山健治(攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX)、キャラクター原案は羽海野チカ、アニメーション制作はProduction I.G。主題歌はOASIS。

d0137231_2333173.jpg

謎ばかりの始まり。でもテンポ良くて面白い。映画化も決定しているとか。


リストランテ・パラディーゾ:原作、オノ・ナツメ。

d0137231_23363964.jpg

渋い。渋いよー。大人の恋愛模様が期待できそう。オノ・ナツメは雰囲気あって好き。


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST:ガンガンのやつ。

d0137231_2340363.jpg

原作との展開の違いはあるのかしら。


ドラゴンボール改:ドラゴンボールZの再編集版。

d0137231_23412370.jpg

何か物足りない。


けいおん!:京都アニメーション。

d0137231_2343642.jpg

評判はとても良いのだけど、好きになれず。ギャグもストーリーもどっちも激薄。


バスカッシュ!:「マクロス」シリーズや「創聖のアクエリオン」を手がけた河森正治監督による新プロジェクト。

d0137231_23441847.jpg

絵がキレイ。


けいおん!とバスカッシュ!はもう見ないなー。前期はとらドラ!、前々期はかんなぎが好きでした。


一人酒してみた。寂しくて死にそうになった。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-04-11 23:52 | 雑記