カテゴリ:未分類( 147 )

「しあわせって何だっけ」

明石家さんまは好きではないけど、彼が1986年に出した「しあわせって何だっけ」って歌が好き。

d0137231_8105485.jpg


youtubeで探したけど、CMの替え歌のしかなかったわ。http://jp.youtube.com/watch?v=KNKUnOqwxUo

以下、歌詞。何か切なくて好きなの。
----------------------------------------------------------------------------------------------
作詩:関口菊日出・伊藤アキラ 作曲:高橋千佳子

しあわせって 何だっけ 何だっけ
ポンと生まれたシャボン玉
しあわせって 何だっけ 何だっけ
白いドレスとハネムーン
スプーンいっぱいの ハッピネス
青い鳥だよ ハッピネス
しあわせっていう奴は
ちょいとワガママよ
当たるつもりの万馬券
あー風ん中…

しあわせって 何だっけ 何だっけ
無理はするなと言うあなた
しあわせって 何だっけ 何だっけ
麻布 青山 六本木
めぐり逢うのが ハッピネス
すれ違うのも ハッピネス

しあわせって 何だっけ 何だっけ
にぎりしめてる子どもの手
しあわせって 何だっけ 何だっけ
カルガモ見ている野次馬よ
たしかどこかで ハッピネス
いつかどこかで ハッピネス
しあわせっていう奴は
逃げ足が早い
これが最後と大バクチ
あー夢ン中…

しあわせって 何だっけ 何だっけ
空に浮かんだ白い雲
しあわせって 何だっけ 何だっけ
ぬいた指輪を またもどす
しあわせって 何だっけ 何だっけ
あほとアホとの思いやり
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-03-05 08:09

近々新宿で会合があるのでお店選び。

新宿って、バーとレストランはいっぱいあるのに、気を抜いて楽しめるようなお店がない。単価4000〜6000円ぐらいのパッとしないお店はいっぱいあるのだけど、媚びた看板に興醒めしちゃう。

d0137231_054417.jpg
三丁目の末広通になんか良さそうなお店発見。
d0137231_0545670.jpg
新宿で一番古いお店ですって。三島由紀夫の写真が。
d0137231_0551226.jpg
もう閉まっちゃってたけど、営業中はとっても素敵な空気が漏れてくるお店、沼田。

でも、ここにも行ってみたい。どこにでもあるのに行ったことがない。
d0137231_0494439.jpg
かに道楽。どうしてこんなにたくさん、しかも年中無休で存在するのかしら。
d0137231_05492.jpg
新宿駅東口そばにいるムサシ丸。
d0137231_054284.jpg
そして名も知らぬ彼。お隣はファッションの殿堂、伊勢丹。

蟹が食べたいんじゃない。かに道楽に行きたいんだ。
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-03-04 00:49

『春琴(しゅんきん)』 演出:サイモン・マクバーニー

d0137231_8282758.jpg

谷崎潤一郎の「春琴抄」「陰翳礼讃」をもとに、コンプリシテのサイモン・マクバーニーが
演出を手がけた作品。世田谷パウリックシアターにて。

[演出] サイモン・マクバーニー
[美術] 松井るみ/マーラ・ヘンゼル
[照明] ポール・アンダーソン
[音響] ガレス・フライ
[映像] フィン・ロス
[衣裳] クリスティーナ・カニングハム 

[出演] 深津絵里、チョウソンハ、ヨシ笈田/
立石凉子、宮本裕子、麻生花帆、望月康代、瑞木健太郎、高田惠篤/本條秀太郎(三味線)
d0137231_8283968.jpg

2003年、村上春樹の短編集を原作に、彼が今作と同じく世田谷パブリックシアターで
演出を手がけた「エレファント・バニッシュ」に心を奪われた。

感性だけでは表現できない、理性で構築された様式美を感じた。
ラストの盛大な目つぶし明かりは鮮烈だった。

「春琴」もまた、人や音、明かりやモノといった素材を巧みに扱い、
まるで美しい数式の解法を見ているかのような、理性的な恍惚感を与えてくれた。


昔一緒に1万個のドミノを並べた舞台系の友人も、偶然同じ公演を観に来ていた。
彼は女性を傍らにして。

羨望。
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-03-03 08:47

tomomi live@asiaP on 3/1

d0137231_11154236.jpg

d0137231_11161777.jpg
So cute.
d0137231_11162872.jpg

d0137231_11164135.jpg
Same as usual.
d0137231_11354992.jpg

ライブ後にMcQの街頭広告を見て大興奮。こんな展開やってるの知らなかった〜。道玄坂にこんなカジュアルじゃない価格帯のブランドの広告だなんて。
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-03-02 11:19

再来週、世界大会に出ます。

d0137231_15241650.jpg


毎年、3月10日の「みとの日」の前後に水戸観光協会が主催で行われている
水戸納豆早食い世界大会

参加条件は特になくて、限定70名の先着順。

数年前から参加を熱望してはタイミングを逃していたのだけど、今年はついに出れることに!

d0137231_15241693.jpg


片道3時間かかっちゃうのが最大の課題。前日仕事の上に開始時間が早い。


今年もやるかは分からないけれど、岩手では去年ちゃぶ台返し世界大会も開催されたらしい。

ニッポン万歳。
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-03-01 15:24

兄上京

d0137231_20495541.jpg

ご飯おごってくれた。石川県のオカンと電話中。
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-02-23 20:49

楽しくない仕事を楽しくする方法

楽しくない仕事を楽しくする方法、そんなものがあれば今ほど人材業界は発展してないんだろうな。

チームラボという、近年IT業界はもちろん、アート、デザイン業界などでも目覚ましい活躍を見せている会社の採用情報に、心を打つメッセージがあったのでご紹介。


夢はなんですか?どうやって叶えるつもり?

そう聞かれて答に窮する人は案外少なくないのではないでしょうか?既成の仕事や地位に自分を当てはめていくためには個性や夢は邪魔なものなのかも知れません。でも人として大切なものを捨ててまで手に入れるべきものなんてこの世にあるのでしょうか?

わが社のスタッフは皆活き活きしています。それはここが夢を持ち寄って叶えるための特別な場所だからです。難しく考える必要はないのです。自分がこうであればいいのにと思うことを実現していきませんか?



やられた。
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-02-23 17:47

清く貧しく美しく

あまりにもお金がなくて、おかゆを炊いてお味噌を入れて食べた。
実家から送られて来たお米を捨てないでおいて良かった。

皿も箸もスプーンもないので、炊飯器から直接しゃもじで。
d0137231_17143528.jpg

思えば大学一年生ぐらいの頃はこんなものばかり食べていた。
そうめんにマヨネーズ付けて食べたり。そうめんに醤油をかけて食べたり。

家で明かりをつけたこともなかった。窓から入る街灯の明かりで過ごした。

その頃の僕の体は今と比べればずいぶんキレイだった。
レディースのお店で試着もしてた。


清く貧しく美しく。心は豊かに生きていく。
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-02-23 17:14

LVMH@ミッドランドスクエア

名古屋駅のそばの奇麗なビル。ミッドランドスクエア(豊田・毎日ビルディング)
d0137231_15213336.jpg

その名の通り、トヨタ自動車株式会社、株式会社毎日新聞社がメインテナントで、
東和不動産株式会社が運営しているビルのよう。

ブランドショップも充実していて、LVMHからルイ・ヴィトンやディオールなども
出店している。

ルイ・ヴィトンの店舗外装を手がけているのは、建築家の永石貴義。
六本木店と似ているけど、これはこれでとっても奇麗。

内装は、ルイ・ヴィトン マルティエのアーキテクチャー部門と、
建築家のエリック・カールソンが手がけているのだとか。

d0137231_15134410.jpg

d0137231_151492.jpg

d0137231_15141767.jpg


ディオールも奇麗。
d0137231_15131355.jpg

d0137231_15132993.jpg



ミッドランドスクエアにはレストランも充実していて、名古屋のカップルの
定番スポットらしい。
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-02-18 16:09

名古屋・吉井和哉・モツ

先週の木曜、吉井和哉のライブの為に強行スケジュールで名古屋に行ってきました。
7:00~16:00まで休憩をほとんど取らずにお仕事して、新幹線に飛び乗って。

ザ・イエロー・モンキーの14年来のファンなのです。
d0137231_15183950.jpg

吉井和哉のソロ活動には興味がなかったのだけど、名古屋にいる友人がチケットが
あるというので、平日の閉塞感も手伝って、くだらない日常の中に刺激を求めて
ショートトリップ。

バンドの時代の曲、「Tactics」で鳥肌を立て、曲名も知らなかった「call me」で号泣。

27歳だった彼は41歳になっていたけど、めちゃめちゃ細くてめちゃめちゃ美しくて。
自らを美しくする為には、美しい人のそばにあることが不可欠だわなんて思ったりして。


ライブ後は美味しいモツ鍋屋さんに連れて行ってもらう。
めっちゃめちゃ美味しくて、美しくなることなんて二の次でおかわり。


お味噌の味は僕には合わないけど、美しいものを見て、美味しいものを食べた
ウィークデイのひと時。
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-02-18 15:15