世界、茨城、水戸

「世界なめてた。」

水戸納豆早食い世界大会。本場の納豆は、コンビニのそれよりも大粒でねばってました。

d0137231_0839.jpg
会場に向かう途中、日本三大庭園の一つ、偕楽園の中を突っ切った。何だか人生の分かれ道みたいになってるけど。
d0137231_082595.jpg
梅祭り開催中。
d0137231_092010.jpg
黄門様。
d0137231_093354.jpg
僕はエントリーナンバー36番でした。
d0137231_09456.jpg
君の挑戦待ってるぜ、的な大豆。
d0137231_084253.jpg
豪華景品。今時CDラジカセが景品だなんてシブいぜ。
d0137231_095922.jpg
とっても地味な大会でした。
d0137231_0101074.jpg
豆、ねばり、天狗。何だか卑猥。参加賞としてお米と一緒に頂きました。


予選は、ご飯茶碗二杯分のご飯と納豆ワンパックの納豆ご飯のタイムレース。

参加者68名中、決勝に勝ち残った10人のうちほとんどが、東京から来たセミプロ。

世界なめてた。往復6時間と交通費5千円で得た、初めての世界戦、予選敗退。

出番が終わってしまうと、大会の緩い雰囲気にも、日よけがなくて直射日光を浴びざるを得ない会場にも耐えられなくなって、結末を見届けずに帰還。

決勝はワラ納豆五つのタイムレース。ただしワラから器に移して掻き混ぜるのも込みだったみたい。


世界の壁は厚かった。そして僕の情熱は薄かった。それ以上に一人は寂しかった。水戸遠い。





d0137231_074791.gif
関係ないけど、mixiによく出てくるこの広告の女の子は、とっても良いと思うんだ。
[PR]
by seijiseiji8 | 2008-03-17 00:19