パートナーの必要性1

合コンで知り合った女性と恵比寿でイタリアン。その後盆栽を愛でるバーで、ニヤニヤ笑う彼女を観察する。

普段の僕はたいてい話し役。だけど彼女の前では聞き役になれる。彼女の言葉は良質な栄養。

性欲以外の欲求を満たしてくれる女性との出会いなんてめったにないものだから、終電を逃した後も変わらぬ彼女の態度に、心の中で深いため息をついた。

とっても気の合うお友達が出来たことは喜ぶべき、と思うことにした。

理想の女性は他にもいるかもしれないって、彼女との出会いがあったからこそそう思える。


彼女の友達の、恋人達のハードなプレイの話を聞くたび、パートナーの必要性を感じる。

SMに必要なのは、徹底的な愛、パートナーとの信頼関係だと、いつだったかとある緊縛師が言っていた。

そんな欲求は特にないけど、パートナーの存在には羨ましさを募らせる。それほどまでの信頼関係を、今まで僕はなし得たか。せいぜい体操服ぐらいじゃなかったか。

互いに期待し合える関係性って素敵!



つづく
[PR]
by seijiseiji8 | 2007-12-22 01:54