スタミナ苑でスタミナをもぎ取られた話

日本版ザガット・サーベイで、オールジャンル全レストランの中で1位になったという触れ込みで有名な焼肉屋、スタミナ苑。

近くに駅は無く、赤羽か王子からタクシーかバスで10〜15分、そこから徒歩5分と、アクセスはよろしくない。更には予約不可で行列に並びながら入店を待つ必要があるなど、行くまでのハードルがなかなか高い店。

いつか行きたいなと思いつつ機会がなかったのだけど、ネイチャージモンという漫画を読んで気持ちが高まり初訪問。ダチョウ倶楽部の寺門ジモンことネイチャージモンが、独自のうんちくを披露しながら昆虫採集をしたり食事をするその漫画で、スタミナ苑が熱く崇高に描かれていたのです。

友人と2人で土曜の19時に到着。待つ事1時間で入店。満席の店内。絶頂まで高められた期待感。
カルビ、ハラミ、ロースを全て特上でオーダー。

ドリンクを運んで来たのは高校生ぐらいの男の子。なぜか1人分の飲み物を運んで来る。
なぜ2人分一緒に持って来ない!?そしてちょっとこぼす。まあいい、高校生だし笑って許せる。
まだまだ期待感は維持されている。

続いて待ちに待ったお肉達。本当に待った。注文してから相当な時間来なかった。
特上だからか、みんなやたら霜降り。奇麗。素晴らしい。

焼き、そして口に入れる。うん、普通。期待感と高揚感はすっと消えてなくなった。

自分で特上を頼んでおいてなんだけど、脂身が多くてクドい。きっと並や上を頼めば多少感想は変わったのだろう。

焼酎のお湯割りをオーダー。これもまた相当出て来ない。しばらく待つとロンゲのお兄ちゃん登場。だらけた姿勢で、「頼んでもらった焼酎、お湯割り美味しくないんですよー。お湯割りならこれの方がいいすよー。」

こんな態度の悪いやからと絡みたくなった僕は即、「それでお願いします」と回答。

それで終わったつもりがロンゲ、「俺、焼酎のソムリエやってて、すげえ詳しいんっすよー。うち40種類ぐらい揃えてて〜、・・・(その後なんかうんちく)」

いらない!お前の自己アピール全く求めてないって!俺がそれでお願いしますって言ってたの聞いてたよね!?

別の店員もまた酷い。お隣のテーブルの片付けをしていた時に、僕のテーブルの方にゴミを落とした事に気付いておきながら、テーブルの上の整理を優先しやがる始末。

こんな店早く出たいと一切追加オーダーせず。それでもお会計がそこそこのお値段いってたりして。

お店を出ても鬱屈とした気持ちを処理しきれず、少し帰り道を走った。もう二度と歩まぬ道を。

お肉の味は美味しい方だと思うのだけど、驚くほどでもなく値段相応。味を悪くさせる酷い接客。
焼肉食べて初めて、心底不快になった。

唯一良いところは、お店の向かいが野良猫のたまり場になっていて、入店待ちの祭に猫を拝めるところかな。猫はいいよねー。いいよね猫は。本当にいいよな〜、猫。好き。犬もいいけどね、猫だね。

d0137231_3121937.jpg

[PR]
by seijiseiji8 | 2013-04-16 03:13 | 雑記