S&M

妄言。80%の虚飾と20%の真実。それさえも嘘。


僕の嫌いな話題、第1位は血液型。第2位はS&M。器量良しでも気立て良しでも、これらを好む輩は育ちを疑う。

とは言え僕だっていい大人。自己満足より最大多数の最大幸福を望まぬはずも無く。几帳面で自己中で、それでいて社交的で変わり者の、典型的なA型の僕だから。

それでも許せないのはS&M。イライラとムラムラが交錯する、持って行き用の無いこの感情。嫌いだけど嫌いきれない。目に余るのに目が離せない。

「私ドMなんだよね!」「どっちかって言うとSかな」「相手によって変わる」

そんな君に伝えたい。スピーチや論文は、まず結論があり、それに至る考察があり、それを裏付ける具体的な事例の紹介、時には実験を新たに行い、果てはそこから導かれる未来観測が求められるのではないだろうかと。

馬鹿で無知で無自覚な、そんな君を問いつめたい。

「私ドMなんだよね!」→「回答者の個人的体験に基づき、回答者がMである事を証明せよ。また、Mを強調する、ドMという表現を用いた理由を簡潔に答えよ。」

「どっちかって言うとSかな」→「回答者自身の交友関係から相対的に導き出される、回答者をSと結論づけた根拠を300文字以内で示せ。また、その反例を200文字以内で示せ。」

「相手によって変わる」→「あー、もう面倒くさい。これから俺とベッドで試してみようぜ!」

探り合いなんてしたくない。駆け引きなんてお断り。結論を早急に要求する。やらせて欲しい、その一念。



[PR]
by seijiseiji8 | 2011-08-22 23:52 | 雑記