デブと戦争

デブは醜い。デブは臭い。デブは悪だ。僕の中の憎悪の8割はデブに向いている。残り2割は僕自身の皮下脂肪に向けて。

でもこの記事(http://japan.digitaldj-network.com/archives/51917868.html)を読んで少し考えを改めた。きゃりーぱみゅぱみゅのPVが、Limp Bizkitのボーカルからも注目を浴びちゃうぐらい人気ってお話。



きゃりーぱみゅぱみゅ自体は、益若つばさの類似タレントって認識で特別思い入れもないのだけど、PV見て思ったのが踊るデブのコミカルさ。デブいなかったら多分Limp Bizkitのボーカルの目に留まってないぐらい重要な要素。

デブを再考する。裸の大将も森公美子もドラえもんも、デブだからこそ愛された。人の形を成しているからこそ憎くもあれ、例えばデブな犬猫なんて可愛くてしょうがない。

d0137231_941144.jpg
画像はここから転載。なんて愛くるしい!


昔考えた事がある。戦争がなくなるとどうなるか。悲しみがなければ喜びもない。ドラマがなければ感動もない。デブもきっとそんな存在。

デブと戦争のない世界について空想する。それはつまらない。そんな世界はつまらない。



上のPV見てたら、ヤスタカ繋がりでこれ思い出した。

[PR]
by seijiseiji8 | 2011-08-05 09:20 | 雑記