マルタン・マルジェラがデザイナーを辞任。

10/2に2010年の春夏コレクションが発表されたばかりのマルタン・マルジェラだけど、デザイナーのマルタン・マルジェラが辞任していたらしい。

さっきニテンイチリュウを見てびっくりしちゃった。ソースはUKのヴォーグみたい。

後追いでいくつかのファッション系ブログでも取り上げられていて、日本のヴォーグでも取り上げられていた。


以下、日本のヴォーグより引用。

デザイナーのマルタン・マルジェラが、自身の名を冠したブランド「メゾンマルタンマルジェラ」を辞任するとの噂が流れていたが、ディーゼル創始者であり、同ブランドを傘下に置く持ち株会社を率いるレンツォ・ロッソが、ついにこの事実を肯定した。マルタンは、直接ブランドのデザインに関係していないという。

ロッソ氏は、WGSNに対し「マルタンは長い間、ブランドにかかわっていない」とした上で、「ブランドには、新しい、フレッシュなデザインチームを擁している」とコメントした。


メンズコレクションに関しては個人的にはあまり好きではないブランドだけど、好きな人の多いブランドだけに、大きなニュース。

ムーブメントでも言及があるけど、シグネチャーブランドからシグネチャーたるデザイナー当人が辞めてしまうのは白けてしまうものがある。ヘルムート・ラングを愛していた僕も、コロボス夫妻にデザイナーが変わってからは全く興味が無くなってしまったし。ラングの場合は資本や生産地の変遷も大きいけど。

シャネルやグッチだって、始まりはシグネチャーブランドの一つでしかなかった。それがいつの間にか数多の人の憧れになっている。

でも、そんな大きなブランドだって一人のデザイナーが与える影響って大きい。トム・フォードのグッチ退任やエディ・スリマンのディオールオム退任が与えた影響は計り知れない。

もういつ死んでもおかしくはないのだけど、カール・ラガーフェルドが死んじゃったらシャネルはどうするんだろう。後を継いでもブランド価値を落とさない人というのはかなり限られちゃうわね。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-10-05 23:59 | ファッション