エロに対して真摯に向き合える女性は、たいてい美人で聡明

実体験として、エロに対して真摯に向き合える女性は、たいてい美人で聡明。向き合えない女性は、たいてい醜く愚鈍。その逆もしかり。今のところ例外はない。

経験が乏しくて想像(妄想)で補わなければいけないことほど、自信が持てずに恥ずかしさを感じてしまうもの。その点美人は経験が豊富。そして聡明な人は自己の向上に余念がない。恥ずかしがりやな美人なんて会ったことがない。演技の有無は置いておいて。


雑誌のサイゾーが好きなんだけど、そのWEB版の日刊サイゾーはよく見るサイトの一つ。その日刊サイゾーのアダルト版が、エロ系のネタが主体のメンズサイゾー

最近では、ネットでの露出は多いのにいまいち情報のないうしじまの初インタビュー記事が話題。

そんなメンズサイゾー、見所はたくさんあるのだけど、元AV女優の峰なゆかのコラムが面白い。うしじまもブログで褒めてたけど、コラムだけでなく彼女のブログも面白い。エロネタが主なのだけど、文章がとても魅力的。なおかつサブカル知識豊富で、マックイーンやV&Rについての言及もあったりして、女子としてのレベルの高さも感じられる。

そんな彼女達の文章を読んでいたら、前段のようなことを感じたのでした。ちなみに二人ともサガノヘルマー好き。


d0137231_22333143.jpg

画像はメンズサイゾーより、うしじま。
[PR]
by seijiseiji8 | 2009-07-20 22:38 | 雑記